PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

能登被災地で必要なケア 支援・被支援の関係超え(3月6日付)

2024年3月8日 14時46分

能登半島地震から60日余。生活の支えも「心のケア」も、被災者支援のニーズは広がる一方だ。石川県の現地では、例えば輪島市の避難所では70代女性が自宅が全壊して老母が亡くなったことに「助けられなかった」と苦悩を訴え、珠洲市の津波被害地では中年男性が我が家も近所も壊滅し多くの知人が犠牲になった悲嘆を口に出していた。

大事な家族や生活の全てを突然に失った底知れない悲嘆、今後の見通しがつかない不安が人々にのしかかっており、東日本大震災でも見られたPTSDや抑うつ状態の悪化、自死念慮などの心配とともに、グリーフケアの重要性が痛感された。

一方で、被災家屋の片付けや炊き出しなどもまだまだ必要だ。阪神・淡路大震災の際、多くの被災者に寄り添い続け「心のケア」という概念と言葉が広く知られるきっかけとなった精神科医の中井久夫氏が著書で「ボランティアは、その場に存在してくれることが第一の意義だ」と述べているように、活動自体が精神的支えともなる。

そして注目すべきはそんな支援活動の場で、被災者と支援者とのつながりが広がっていることだ。輪島や珠洲の炊き出しでは、ボランティアの調理に自宅を失った主婦が進んで協力し、また自ら被災しながら避難所の世話に入る女性が配食を積極的に手伝っていた。そこここで交流が見られた。

苦難の現場で自然に生じる「困ったときはお互いさま」の助け合い。そこでの温かい連帯は「支援・被支援」という垣根をたやすく越え、「共苦」とも言える対等な関係性が生じる。これは災害に限らず貧困問題などあらゆるケアや支援の現場でも同じであり、宗教者にとっても大事なことだ。

「炊き出しに並ぶイエス」という宗教画がある。冬のニューヨークで凍えながら食事を待つ野宿者たちの列、その中にイエスが並ぶ図柄だ。「神の子」であるイエスは決して施しをする「助ける側」にいるのではなく、「助けられる側」つまり貧しく寄る辺ない人々の側にこそいるという明快なメッセージだ。

その姿は貧弱で弱々しいが、そのようなイエスを含む「最も小さくされた人々」こそが、彼らを助けようと炊き出しをする人たちを実は支え、助けている。能登へ支援に赴いたキリスト者が「食べるものも着るものもない苦難の人たちの所にこそキリストがいる。そこへ会いに行き、彼がしたように痛みを抱えた人のそばにいるのです」と語ったのがまさにそれだ。

人生の学び 大事なのは体験で得た知恵(4月12日付)4月17日

人生は学びと共にある。生まれてから死に至るまで、人は学びつつ成長する。その学びを助けるのが宗教であり、宗教もまた、人として、正しく、幸せに、他者と共に和して生きることを学…

震災犠牲者名の慰霊碑 一人一人の命見つめる(4月10日付)4月12日

東日本大震災から13年が経過した。毎月命日に犠牲者遺族のケアの集まりを続ける宮城県石巻市の住職は、震災当時、檀家だけで180人の死者を葬儀で送ったが、「それは決して人数の…

ケア活動の意義 宗教者の貢献を見直す(4月5日付)4月10日

コロナ禍は宗教集団にとっても厳しい時期だった。宗教活動では共に集うこと、他者と場を共にすることがいかに重要かを思い知ることになった。オンラインで交流の機会を持つなど、工夫…

上田前貫首㊧から払子を拝受する風間貫首

立本寺、風間貫首が晋山 日蓮宗本山 「法器育成に尽力」

ニュース4月18日

倫理・環境問題解決へ 生長の家、新たな布教方針策定

ニュース4月18日
祭典の終盤に教団を代表して挨拶する岩﨑教務総長

能登の早期復興願う 金光教本部で天地金乃神大祭 1.5万人、神恩に感謝 岩﨑教務総長 神様の物差しで生きる大切さ強調

ニュース4月18日
このエントリーをはてなブックマークに追加