PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

「お骨難民」 寺院の役割とは(3月8日付)

2024年3月13日 09時18分

これまで日本人はお骨にこだわると言われていた。太平洋戦争の遺骨収集が戦後何度も繰り返されてきたのも、そこに理由があった。昨今、こうしたこだわりの意識が様変わりしてきたように思う。そもそも墓は要らないと、海洋葬のような散骨を選ぶ人たちもいる。現実問題として多いのは、先祖や家族の墓を維持することができないというケースだ。子供たちに負担をかけたくないと、合葬墓に合祀して墓じまいをする傾向も出てきた。実際、首都圏の1都3県では、自治体の運営する公営墓地の合葬墓がこの20年間で4倍にも増えたのである。

だが、墓は要らないとか、墓じまいをするとか言っても、人が亡くなったらいずれは何らかの形で埋葬しなければならない。故郷の墓地が遠い、費用がかかるなどの理由で、自宅の棚やたんすの上にお骨を置いたまま何年も経過している家庭も少なくないと聞く。独り暮らしで家族がいなければ、そうしたことすらできない。高齢多死社会の今日、終の住処である墓に入れない人たちのことを“お骨難民”とか“墓難民”とも言う。

核家族化の流れの中で家の継承が困難になり、故人を弔う者がいなくなれば、墓は無縁化していく。たとえそうであっても、自分が亡くなったら、誰かに手を合わせてもらいたいと願うものだ。公営墓地であっても、合葬墓はきちんと管理され、合同で祭祀も行われる。自分が亡くなっても、この世の人々に永遠に見守られているという安心感がそこにある。人間にはそのような生死を超えたつながりが大切である。

その点で、寺院には一つの強みがある。それは、墓を守る子孫がいなくても、墓碑を集めて三界万霊塔などの形で合葬し、合祀するという選択肢を最初から有していることだ。檀家家庭が無縁化しても、寺院に合葬墓があれば、その寺の僧侶をはじめ、墓参に訪れた人たちが手を合わせて冥福を祈ってくれる。それが永代供養となる。供養を通じて生者と死者とをつなぐところに、寺院の存在意義がある。

時代の流れの中で、従来とは異なる墓や供養の在り方が求められている。“お骨難民”を生じさせたのは、菩提寺と檀家との関係にも責任の一端がある。普段から檀家とコミュニケーションが取れていれば、状況に合わせて適切なアドバイスも可能である。個々の寺院レベルで十分な対応ができない場合は、宗門や本山で有効な指導を仰げる仕組みも必要であろう。その意味で“お骨難民”は仏教界全体の課題なのである。

人生の学び 大事なのは体験で得た知恵(4月12日付)4月17日

人生は学びと共にある。生まれてから死に至るまで、人は学びつつ成長する。その学びを助けるのが宗教であり、宗教もまた、人として、正しく、幸せに、他者と共に和して生きることを学…

震災犠牲者名の慰霊碑 一人一人の命見つめる(4月10日付)4月12日

東日本大震災から13年が経過した。毎月命日に犠牲者遺族のケアの集まりを続ける宮城県石巻市の住職は、震災当時、檀家だけで180人の死者を葬儀で送ったが、「それは決して人数の…

ケア活動の意義 宗教者の貢献を見直す(4月5日付)4月10日

コロナ禍は宗教集団にとっても厳しい時期だった。宗教活動では共に集うこと、他者と場を共にすることがいかに重要かを思い知ることになった。オンラインで交流の機会を持つなど、工夫…

上田前貫首㊧から払子を拝受する風間貫首

立本寺、風間貫首が晋山 日蓮宗本山 「法器育成に尽力」

ニュース4月18日

倫理・環境問題解決へ 生長の家、新たな布教方針策定

ニュース4月18日
祭典の終盤に教団を代表して挨拶する岩﨑教務総長

能登の早期復興願う 金光教本部で天地金乃神大祭 1.5万人、神恩に感謝 岩﨑教務総長 神様の物差しで生きる大切さ強調

ニュース4月18日
このエントリーをはてなブックマークに追加