PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
第21回涙骨賞募集 2024宗教文化講座

地球を危機に陥れる カネがカネを呼ぶ社会(3月15日付)

2024年3月19日 10時46分

いささか意外に思うが、富の過度な集中が気候危機の主因の一つだという。例えばフランスの経済学者トマ・ピケティの世界不平等研究所がまとめた直近の「世界不平等レポート」2022年版によると、19年に世界で裕福な10%(8億人弱)の人々が二酸化炭素総排出量の47・6%を排出した。逆に貧しい50%(40億人弱)の人々の排出量は12%にとどまった。

著名な国際NGO「オックスファム」も昨年末、19年の時点において世界で1%の最富裕層が二酸化炭素排出量の16%を排出し、これは貧しい約50億人分に匹敵するという報告書を公表している。

富裕層は金融の規制緩和や資産運用、特に株式への投資がコロナ禍の景気刺激策などによる株高の恩恵を受け、富を重ねた。資産は増えるほど富の拡大も早く、いわばカネがカネを呼ぶ。日本でも先月、平均株価がバブル期の史上最高値を約34年ぶりに超えた。

富裕層は石油、石炭、ガス製造など二酸化炭素を多く排出する大企業への投資でも利益を得、プライベートな宇宙旅行、ジェット機やヘリコプター、豪華ヨットを乗り回して大気を汚染している。

「世界では350隻のクルーズ船の中で常に50万人の人々がダンスやギャンブルに興じている。これは貴重なエネルギーの使い方として尋常ではない」。富裕層のライフスタイルへの批判論集には、そのような文章も見受けられる。

富める者ほど地球環境に大きなダメージを与えているという倒錯した構図は、大多数の人々の不公平感を募らせ、社会の分断を招いている。それは環境保全対策の立案と実効性にも影響していよう。

そもそも富は他者がいるからこそ得られる。初期仏典は在俗の人々に営利の追求と蓄財は奨励するが、隣人が苦しんでいるのに自分だけが快楽を享受してはならぬと繰り返し強調している(中村元『仏典のことば』から)。今の経済は仏教の教えの対極にあるようだ。カトリックの教皇フランシスコも「この経済は人を殺します。路上生活に追い込まれた老人が凍死してもニュースにならず、株式市場で2ポイントの下落があれば大きく報道されることなどあってはならない」と著書『福音の喜び』に記している。

現在、世界の破局を予感させるような洪水や干ばつ、海面上昇などの脅威を経験しているのは気候危機には責任のない途上国の人々だ。先進国でも貧富の格差は広がっており、そんな混濁の世であるからなおさら、現代文明を根本的に問い直す宗教者の努力が求められているのではないだろうか。

震災の記憶伝承 期待される若い語り部(7月12日付)7月17日

東日本大震災から年月がたっても、被災体験を風化させないために語り伝えることの重要性は増すばかりだ――。被災地の住職からこのような便りが届いた。被災者に寄り添うそんな宗教者…

問題意識共有を 医療従事者らの宗教的関心(7月10日付)7月12日

宗教者と医療やケアや福祉の関係者の交流の機会が増えている。2000年代前半に立ち上げられた団体に、仏教看護・ビハーラ学会があり、続いて、日本スピリチュアルケア学会、日本臨…

平和への課題 政治に無関心ではいけない(7月5日付)7月10日

学徒出陣で海軍に入隊して戦艦「大和」に乗り組み、沖縄戦で米機動部隊の圧倒的な襲撃の末、沈む巨艦の大渦流の中から奇蹟的に生還、『戦艦大和ノ最期』を執筆した吉田満氏は、後に「…

専門道場の問題について話し合った僧風刷新会議

専門道場数の適正化協議 妙心寺派僧風刷新会議 掛搭者減少・法式作法修得に問題 「減らす」議論に慎重意見

ニュース7月18日

信者数の大幅減続く ドイツカトリック 若者の教会税忌避 教会離れに性的虐待スキャンダル

ニュース7月18日
「声を聞き、声に生きる」と述べる木越宗務総長

【特報】真宗大谷派宗会 能登支援・災害対策で質疑 /施政方針演説 「宗門史上最大級の被災」 発災翌日に救援本部始動/男女両性で形作る教団 取り組み進まず落胆 教師養成、遠隔化は可能か

ニュース7月18日
このエントリーをはてなブックマークに追加