PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

大きな変動の背景 国外の宗教問題への関心を(5月8日付)

2024年5月10日 11時05分

国際宗教研究所・宗教情報リサーチセンター(RIRC)が、開設25周年記念で昨年12月にミニシンポジウムを開催した。テーマは「正確な宗教ニュースをめぐって~AI時代を見据えて~」。国内宗教ニュースと国外宗教ニュースの2部構成で議論がなされた。

「ユーチューブ」のRIRCチャンネルで4回に分けて紹介されているが、見過ごせない指摘が一つなされている。国内の宗教ニュースに比して国外宗教ニュースに対する一般の関心が極めて乏しいことが、RIRCの情報発信を通して明確になったという点である。

RIRCが公開する各種のオンライン情報を分析した結果、この傾向が明らかにされた。具体的には「X(旧ツイッター)」のインプレッション数、RIRCチャンネルの視聴数、ホームページ上での各種のオンライン公開情報へのアクセス数の分析に基づいている。

最近の国内の宗教ニュースとしては、統一教会、宗教2世、浄土真宗本願寺派の新しい領解文などがあり、これらへの関心は比較的高い。ところが国外の宗教ニュース、例えばロシアのウクライナ侵攻に関わる東方正教会問題、イスラエルとハマスの衝突の背後にあるユダヤ教とイスラム教の問題となると、関心は極めて低い。マスメディアの報道も実際の武力衝突については多くなされるが、それに深く関わる宗教問題まで視野を広げたものは多くはない。

おそらくそれと連動しているが、日本の宗教団体による海外での支援活動に対する関心も低い。日本の宗教団体の一部は、国内で起こった災害だけでなく、国外の紛争に伴う各種の問題や災害に際して、様々な支援活動を行っている。義援金を送ったり、必要な人員を派遣したりしている。

これらに関しては宗教専門紙でかなり細かく報じられている。だが一般紙あるいはテレビ等ではめったに報じられない。宗教専門紙を読む人の数は極めて限られているから、大多数の人は情報そのものが得られていないことになる。

日本は宗教の動きが政治や経済に直ちに影響することが少ない国に属する。だが、米国、中東、南アジア・東南アジアでは、宗教の動きに無関心だと政治や経済、文化において生じている変化の背景を見過ごすことになりかねない。

少なくとも日本の宗教団体が国外でどのような活動を展開し、それはどのような問題意識に基づいているかの報道は、宗教専門紙が担わざるを得ない。SNSを利用しての情報発信の在り方については、積極的に試行錯誤を重ねていくべき段階になっている。

平和を力強く訴える 問われる宗教者の役割(5月15日付)5月17日

新型コロナウイルスのパンデミックが水を差したが、宗教者の国際交流は盛んになりつつある、といっていいだろう。日本国内でも海外から諸宗教の代表を招き、平和などを語り合う会合が…

消えゆく他者への共感 その先に見える世界は?(5月10日付)5月15日

19世紀フランスの政治思想家トクビルの『アメリカのデモクラシー』は昔、学校で民主主義を学んだ時、よく耳にした文献だ。 「(米国は)地上のいかなる国よりも、また歴史に記憶さ…

『虚構新聞』20周年 機知による風刺の力(5月1日付)5月8日

インターネットで人気を博し、テレビでも何度も取り上げられた完全パロディーメディア『虚構新聞』の創刊20周年を記念した展覧会が先頃開かれた。自ら「全てフェイクニュース」と宣…

「ロシア世界」強く批判 モスクワ系非合法化促す OCU

ニュース5月20日

ウクライナ政府に質問状 モスクワ系教会非合法化、法案に懸念表明 米USCIRF

ニュース5月20日
奉詠大会に全国各地64支部の講員が参加、声を一つに御詠歌を唱える

600人集い御詠歌唱え 川崎大師で奉詠大会

ニュース5月20日
このエントリーをはてなブックマークに追加