PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

消えゆく他者への共感 その先に見える世界は?(5月10日付)

2024年5月15日 10時32分

19世紀フランスの政治思想家トクビルの『アメリカのデモクラシー』は昔、学校で民主主義を学んだ時、よく耳にした文献だ。

「(米国は)地上のいかなる国よりも、また歴史に記憶されたいかなる時代にもまして(略)平等」と同書に記されているように、19世紀半ば近い米国は平等志向の強い国だったようだ。だが、当時の米国南部には奴隷制があった。

トクビルは南部の奴隷制は廃止せざるを得ないが、白人の誇りで黒人への白人の嫌悪は逆に増大すると予言していた。現代に連綿と続く人種主義の根深さを見抜いていたのだろう。トクビルが見た平等も、白人だけのものだった。

だが、米国は建国以来背負う「負」の歴史的遺産を、ハワイ生まれでアフリカ系米国人のオバマ大統領誕生でようやく克服したかに見えた。それをぶち壊したのがドナルド・トランプ前大統領だ。トランプ氏は2011年からオバマ氏を「アメリカ生まれでない」と執拗に中傷した。自己の野心から、米国人の心の奥底になお潜む黒人大統領を望まない差別意識を刺激する狙いといわれた。

社会的マイノリティーに共感し寛容であろうとする思考をポリティカルコレクトネスというが、トランプ氏はそれには目もくれず、移民やムスリム、性的少数者、障害者らへの憎悪や差別を喚起する言葉を投げつける。それに熱狂するのは、グローバル化に伴い移民・不法移民に職を奪われる、と怒りを募らせる白人男性や経済格差の拡大で没落する中間層、あるいは栄光の歴史を刻んできた米国の国際社会での影響力低下に強い不満を持つ人々らだとされる。

実業界で成功したトランプ氏の「米国を再び偉大に」という誇大な言葉がアメリカンドリームの再来を夢見る人々を夢中にさせる。昨今、世界で選挙のたびにナショナリズムをあおるポピュリズム的な政治勢力が増長し、社会的な分断を深めているが、トランプ氏はその象徴的な存在だろう。同じような思想や人物を見つけ出し、容易に群れることができるSNSの発達により、その傾向は一段と強まる。いずれ排除を競う偏狭な世の到来を予感させるが、そのような時代潮流の中、国境や人種の違いを越え、互いに共感し合う心をどう盛り立てていくか。

カギは宗教にある。ただ、米国のキリスト教は国が「負ける」経験をしていないため楽観的で自己肯定的な側面が強いという。福音派はトランプびいきだ。今秋「もしトラ」が現実になれば、研究を深めたい要素の一つである。

平和を力強く訴える 問われる宗教者の役割(5月15日付)5月17日

新型コロナウイルスのパンデミックが水を差したが、宗教者の国際交流は盛んになりつつある、といっていいだろう。日本国内でも海外から諸宗教の代表を招き、平和などを語り合う会合が…

大きな変動の背景 国外の宗教問題への関心を(5月8日付)5月10日

国際宗教研究所・宗教情報リサーチセンター(RIRC)が、開設25周年記念で昨年12月にミニシンポジウムを開催した。テーマは「正確な宗教ニュースをめぐって~AI時代を見据え…

『虚構新聞』20周年 機知による風刺の力(5月1日付)5月8日

インターネットで人気を博し、テレビでも何度も取り上げられた完全パロディーメディア『虚構新聞』の創刊20周年を記念した展覧会が先頃開かれた。自ら「全てフェイクニュース」と宣…

「ロシア世界」強く批判 モスクワ系非合法化促す OCU

ニュース5月20日

ウクライナ政府に質問状 モスクワ系教会非合法化、法案に懸念表明 米USCIRF

ニュース5月20日
奉詠大会に全国各地64支部の講員が参加、声を一つに御詠歌を唱える

600人集い御詠歌唱え 川崎大師で奉詠大会

ニュース5月20日
このエントリーをはてなブックマークに追加