PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

支える姿勢を巡って 「自律」を「支縁」する(5月22日付)

2024年5月24日 09時56分

福祉や医療関係でケアの仕事をする専門職たちの研修会で、人を支援する、寄り添うとはどういうことかについて論議が高まった。災害被災者への支えも含め、どのような立ち位置で相手に接するのか、講演で示された宗教者による活動も含めてあらゆる分野に共通する大事な問題意識だ。

岡山県で各種障がい者施設や関連サービスを広く手掛ける社会福祉法人の事務局員が、地域と協調しながら入所者をケアし、就労や自立生活を含めて支えてきた経緯とその課題について報告した。

多人数の施設は運営や職員の都合で入所者の生活を細かく一律に管理する傾向があるが、少人数のグループホームもケアが手薄だったり単に“小さな施設”だったり、問題のある例も多い。一方で「自立のため施設から地域へ」とステレオタイプに言われる町での暮らしも、「自己責任」と言わんばかりの不十分な支援で退所すれば、立ち行かなくなるケースもある。

肝心なのは施設かホームか自活かではなく、利用者がいかに生き生きと暮らせるかを第一に考えて法人が関わることだという。具体的には場所がどこであっても、個々の障がい者一人一人に合わせ、自分でできること苦手なことを知った上で、本人が継続して頑張れる状態を、できない時にはいつでも助けを求められる状態を提供する選択肢を保障することだ。

それは、「全て自分で」の〈自立〉より、「他人の力を借りながらの自己実現」としての〈自律〉と表現される。「プロ」として高みからの視線ではなく、あくまでケアされる側の主体性をまず重視するという姿勢であり、そこには「縁あってのお付き合い」という立場の対等性がある。

講演ではカウンセリングの資格を持つ僧侶のエピソードも紹介された。自信満々で医療機関に傾聴に訪れたが、入所者の高齢女性に「あんた誰や」と訝しがられる。困って、「近所から来ました」と答えると、「なんや近所の兄ちゃんか。私の話聴くのもええけど、嫁さんの話も聴いたりや」と返され、こわばった肩の力が抜けたという。「自分の力とか立場じゃなく、評価するのは相手の方だ」と。

同様に災害支援の現場でも、物資配給で被災者の希望を聞く僧侶は、「選べるのが人間らしい生活の基本」と仮設住宅でのカフェでも必ず数種類のケーキを用意する。そんな傾聴活動を「“支援者”などといった肩書じゃなく、こうしてご縁ができたから対等にお話ができる」というその姿勢には、〈支援〉よりも〈支縁〉こそが似つかわしいだろう。

同性カップル「祝福」 宗教的対立はらむ生命倫理(6月7日付)6月12日

同性愛カップルに対する祝福の可否という問題を含むバチカン教理省の宣言「フィデューシア・サプリカンス」は発表以来半年たっても反響はなお静まらない。 カトリック内部にもジェン…

故郷への思いが力に 被災地に寄り添う支え(6月5日付)6月7日

故郷への思い、同郷人とのつながりが、災害時には大きな支えとなることが多い。困難な状況が長引く能登半島地震でも、例えば近畿一円に居住する石川県珠洲市出身者の「関西珠洲会」が…

性差への認識 曹洞宗の意識調査が示す現実(5月31日付)6月5日

曹洞宗宗務庁のSDGs推進委員会が宗議会議員や宗務庁役職員、青年会員ら宗門関係者を対象に実施したジェンダーに関する意識調査の結果、宗門内にジェンダーバイアス(性別・性差に…

行政の対応の在り方や他国との比較、宗教法人法や新法の解釈など幅広く議論するパネリスト

宗教法学会シンポ 法規制と信教の自由議論 行政対応や海外事例テーマに

ニュース6月13日
大谷派参議会 同朋会運動・能登復興問う 改選初の招集 代表・一般質問 議長には加藤氏選出

大谷派参議会 同朋会運動・能登復興問う 改選初の招集 代表・一般質問 議長には加藤氏選出

ニュース6月13日
真言宗寺院の管長晋山式で挨拶する門川氏(市長在任中)

教師志し金光教学院へ 前京都市長「悩める人救いたい」

ニュース6月13日
このエントリーをはてなブックマークに追加