PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

急増した海外観光客 日本の宗教文化理解を促す(5月29日付)

2024年5月31日 10時01分

コロナ禍が終息し、落ち込んでいた外国人の入国者数が急増している。出入国在留管理庁の統計によれば、2019年に年間3600万人余いた入国者数は20年には500万人余に急減し、21年には70万人余にまで落ち込んだ。

それがコロナの恐怖から解放された23年には、前年の6倍近くの2700万人余に増えた。ほどなく旧に復するのは間違いない。これで経済は全体として活況を迎えた。だが、急速な外国人観光客の増加は、各地でオーバーツーリズムの問題を再燃させている。

受け入れ側の準備が整わず、また一部の外国人側のマナーの悪さが加わると、場合によっては、かなり深刻な問題になる。外国人観光客の受け入れ制限をすべきだとの意見まで生じてきている。

神社仏閣の多い京都や鎌倉などの観光地でも、オーバーツーリズムへの対処が迫られている。宗教界だけで対応できる事柄ではないが、少し積極的な視点から考えてみてはどうだろうか。それはコロナ禍以前から課題になっていたことであるが、外国人に日本の宗教文化を理解してもらうための良い機会と捉えることである。

神社仏閣によっては、参拝の作法、禁止事項などを、英語だけでなく中国語や韓国語など多言語で表記しているところもある。多言語で注意書きを表示するのは、基本的な対処法である。しかも宗派や教団単位で対応できる。必要な注意を多言語に翻訳したものをまとめて作成可能である。

これに加え、もっと積極的な方法を模索できる時代になった。いまや自分の宗派・教派あるいは教団を外国語で解説する動画作成も手軽にできる。QRコードを介して、その動画をその場で見てもらえるようにすることもできる。

ただこれは意外に難しい点も含む。それぞれの立場から自分たちの宗教を説明するにしても、相手の宗教文化もある程度は考慮する必要が生じてくるからである。世界の主な宗教についての基礎知識はどうしても欠かせない。

外国人観光客に求める一般的なマナーは、宗教施設と他の施設とで大きな違いはない。しかし、日本の宗教は一般にそれほど厳しい戒律はないにしても、各宗教が大事にしていることはある。それをより的確に伝える上で、外国人が多く訪れる宗教施設は独自の役割を果たせる。通常は短時間しか滞在しない観光客に何を伝えられるか。これはなかなか奥が深い問題である。将来的にますます外国人観光客が増える可能性があるので、いろいろ試行錯誤を始めるのは、早ければ早いほどいい。

同性カップル「祝福」 宗教的対立はらむ生命倫理(6月7日付)6月12日

同性愛カップルに対する祝福の可否という問題を含むバチカン教理省の宣言「フィデューシア・サプリカンス」は発表以来半年たっても反響はなお静まらない。 カトリック内部にもジェン…

故郷への思いが力に 被災地に寄り添う支え(6月5日付)6月7日

故郷への思い、同郷人とのつながりが、災害時には大きな支えとなることが多い。困難な状況が長引く能登半島地震でも、例えば近畿一円に居住する石川県珠洲市出身者の「関西珠洲会」が…

性差への認識 曹洞宗の意識調査が示す現実(5月31日付)6月5日

曹洞宗宗務庁のSDGs推進委員会が宗議会議員や宗務庁役職員、青年会員ら宗門関係者を対象に実施したジェンダーに関する意識調査の結果、宗門内にジェンダーバイアス(性別・性差に…

行政の対応の在り方や他国との比較、宗教法人法や新法の解釈など幅広く議論するパネリスト

宗教法学会シンポ 法規制と信教の自由議論 行政対応や海外事例テーマに

ニュース6月13日
大谷派参議会 同朋会運動・能登復興問う 改選初の招集 代表・一般質問 議長には加藤氏選出

大谷派参議会 同朋会運動・能登復興問う 改選初の招集 代表・一般質問 議長には加藤氏選出

ニュース6月13日
真言宗寺院の管長晋山式で挨拶する門川氏(市長在任中)

教師志し金光教学院へ 前京都市長「悩める人救いたい」

ニュース6月13日
このエントリーをはてなブックマークに追加