PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

人のふり見て

〈コラム〉風鐸2024年2月7日 15時06分

十数年ぶりだろうか。ニュースで流行は知っていたがどこか人ごとだったインフルエンザに新年早々罹患した。コロナ禍もあってここ数年、マスクや手洗いには十分気を使ってきたつもりだった◆急な発熱でほとんど起き上がることもできず、市販の解熱剤では焼け石に水。休日でも発熱外来を開けていたクリニックで治療薬を処方してもらうことができたのは不幸中の幸いだった◆会社にはしばらく休む旨を連絡して一人で療養していると、部下から「いつまで休む予定ですか?」とのメッセージが届いた。本人に悪気はなくただの確認のつもりだったのかもしれないが、高熱と頭痛、倦怠感などに苛まれて自分の意思ではどうにもならない最中に、見通せない予定を尋ねられたことで何とも言えない気持ちになった◆復調してから改めて考えてみた。「人のふり見て我がふり直せ」ということわざもある。何げない一言で他者をひどく傷つけたことがあったかもしれない。忙しさにかまけてこちらの都合を相手に押し付けたことはなかっただろうか。普段ならなんら問題のない言動も受け取る相手の状況次第では不快なものになり得る◆日頃から心掛けるべきは、時機に応じて相手を思いやる心であり、自らの鏡として他者と共感しようとする姿勢なのだと肝に銘じた。部下からの短い通知は自らを省みる脚下照顧の良い機会となった。(佐藤慎太郎)

消えた象徴

2月14日

自身の栄華を満月に例えたのは平安時代の藤原道長であった。昭和の元首相にとって、あの邸宅こそ望月だったのかもしれない。1月8日、東京都文京区の田中角栄元首相邸が火災に見舞わ…

宗教の自由

1月31日

米国には「国際宗教の自由法」があり、国務省に「国際宗教の自由局」が置かれている。毎年、国務省からは「国際宗教の自由報告書」が発表され、日本の新聞でも取り上げられることがあ…

ロスを生む規格

1月24日

青果物には出荷団体等が等級・量目およびその基準(荷造、包装等の条件も含む)を定めた「出荷規格」があり、各県の規格基準に適合したものが流通している。規格を統一して県産青果物…

過疎地置き去りの悲劇 東京一極集中の裏返しだ(2月21日付)

社説2月22日

災害時に即応する体制 教団のネットワークを活用(2月16日付)

社説2月20日

データ保存の問題 消されたオウム関連資料(2月9日付)

社説2月16日
このエントリーをはてなブックマークに追加