PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

消えた象徴

〈コラム〉風鐸2024年2月14日 09時41分

自身の栄華を満月に例えたのは平安時代の藤原道長であった。昭和の元首相にとって、あの邸宅こそ望月だったのかもしれない。1月8日、東京都文京区の田中角栄元首相邸が火災に見舞われ全焼した◆「目白御殿」と呼ばれた田中邸は、権力と金脈政治の象徴とされた。同時に自民党政治、派閥政治のシンボルであり、派閥を巡る様々なドラマもまた、田中邸を舞台に繰り広げられた◆その派閥が今、岐路に立っている。最大派閥・安倍派によるパーティー券収入の裏金化問題を発端として、同派だけでなく総裁派閥の岸田派、二階派などが相次いで解散を決めた。ただ、派閥解消によって自民党は変わるのかとなると、期待感は薄い◆裏金問題で問われているのは派閥の存在の是非ではない。不透明な金が必要とされる政治の在り方だろう。解消すべきは政治とカネの問題であり、有権者の政治不信であることは言うまでもない。よもや、看板を付け替え新たな派閥をつくるようなことがあれば、国民の不信は絶望に変わる◆「弱いから派閥ができるのか、それとも派閥ができるから弱いのか。いずれにせよ、派閥が存在するようなチームが強いわけがない」。ノムさんこと故野村克也氏の語録にある(『野村の極意』、ぴあ)。強い政党とは何か。政治家にとって力の源泉は何であるべきか。与野党を問わず、考えるべき課題である。(三輪万明)

200円の影響

4月17日

西国三十三所や四国八十八ヶ所、天台宗総本山比叡山延暦寺、高野山真言宗総本山金剛峯寺などで1日、納経帳への朱印料が約30年ぶりに300円から500円に改定された(重ね印は3…

女神のほほ笑み

4月10日

米国の象徴の一つである「自由の女神」像は、ニューヨーク湾に浮かぶリバティ島に立つ。1876年の米国独立100年を記念し、フランスから贈られた。除幕式は86年にあり、当時の…

我ぞふり行く

4月3日

唐の孟浩然は「春眠暁を覚えず」、また北宋の蘇軾は「春宵一刻値千金」と詠んでいる。そんな春の陽気に誘われて仕事帰りに寄り道をしている。路地を一本入って遠回りをしてみたり、少…

人生の学び 大事なのは体験で得た知恵(4月12日付)

社説4月17日

震災犠牲者名の慰霊碑 一人一人の命見つめる(4月10日付)

社説4月12日

ケア活動の意義 宗教者の貢献を見直す(4月5日付)

社説4月10日
このエントリーをはてなブックマークに追加