PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

沖縄摩文仁の丘の慰霊塔・碑文が語りかける戦争の記憶(1/2ページ)

大谷大教授 福島栄寿氏

2022年7月4日 11時37分
ふくしま・えいじゅ氏=1965年生まれ。大谷大文学部教授。博士(文学)。専門は近代仏教史。山口大大学院人文科学研究科修了、大谷大大学院文学研究科博士後期課程満期退学。真宗大谷派教学研究所研究員、札幌大谷大准教授等を経て、現職。著書に『思想史としての「精神主義」』(法藏館)等、論文に「明治期初期琉球における真宗布教に関する一考察―清原競秀『日々琉行之記』をめぐって」(『真宗研究』)第64輯等。日本近代仏教史研究会会長。

沖縄県内に建つ沖縄戦関係の慰霊塔・慰霊碑は440基を超える。それらの多くには碑文が併置され、塔・碑建立の由来、込められた願いなどの言葉が刻まれる。

碑文の多くは1950・60年代に建立されたままであり、その文面から当時の戦争や戦死者への認識が読み取れるが、本土側ではあまり注目されてこなかったのではないか。

糸満市の摩文仁の丘の「平和の礎」には訪れても、その奥に並び建つ慰霊塔・碑にまで足を運ぶ人は多くはないだろう。まして他県の碑文まで読む人は、である。かく言う私も、碑文を調査し(2016~18年)、『知っていますか? 沖縄県に建つあなたの都道府県の慰霊塔と慰霊碑を』(沖縄問題を考える懇談会、19年、以下『知っていますか?』)を編集するまで、じっくり読むことはなかった。忸怩たる思いである。

本稿では、戦後77年目の慰霊の日を前に、忘却されかかった碑文に注目し、そこに刻印された言葉が、私たちに問いかけてくるものが何かを考えてみたい。

沖縄戦関連の戦没者の慰霊塔・碑

1946年、終戦後初めて魂魄の塔(糸満市米須地区)が3万5千余人の遺骨を集めて建立された(79年に国立戦没者墓苑へ移骨)。その後、太平洋戦争・沖縄戦終結50周年に大田昌秀知事(当時)により建立されたのが平和の礎である。国籍や軍人、非軍人の区別なく、沖縄戦戦没者24万1632人(2021年現在)の名前を刻む。

大田氏は、平和の礎は、墓でも慰霊碑でも追悼碑でもない記念碑であり、それは戦争の愚かさ、痛ましさを学ぶ教材、学習教材だと述べた(金井創「慰霊から平和構築へ」『知っていますか?』所収)。大田氏は、慰霊塔・碑を次の5種類に分類している(同著『沖縄戦の教訓と慰霊 沖縄の「慰霊の塔」』、那覇出版社、07年)。

①都道府県の慰霊の塔
 ②守備軍将兵・無名兵士と住民を祀る慰霊の塔 例:黎明之塔(糸満市字摩文仁)、韓国人慰霊塔(同前)、南北之塔(糸満市字真栄平)、痛恨之碑(久米島)、平和之塔(座間味島)、集団自決之碑(渡嘉敷島)、チビチリガマから世界へ平和の祈りを碑(読谷村)他。
 ③職域・諸団体の慰霊の塔 例:島守之塔(糸満市字摩文仁)他。
 ④男女学徒隊を祀る慰霊の塔 例:ひめゆりの塔(糸満市字伊原)、ずゐせんの塔(糸満市字米須)、白梅之塔(糸満市字真栄里)他。
 ⑤沖縄県内市町村の慰霊の塔 例:招魂之塔(嘉手納市)他。

碑文の特徴とその分類

碑文もまた、その文言の意味合いから分類されている。ここでは、早くに都道府県の碑文に着目した平良修の分類(『戦争賛美に異議あり』沖縄キリスト者連絡会、1983年)と、真鍋禎男『沖縄 戦跡が語る悲惨』(沖縄文化社、2016年)を参考に碑文を読み解くキーワードとその意味を考えてみたい。

①美化・肯定(戦争・戦死の肯定、美化の響きをもつもの)
 碑文は、戦死した自県出身兵を英雄にまつり上げ、賛美する。「玉砕」「護国の楯」「散華」「英魂」「国に殉じ」という言葉が散見される。「しかし戦場の兵士たちは、そのような美しく威厳のある死では決してなかった」(真鍋)
 ②平和祈念(平和への願望・祈念を表すもの)
 ③懺悔・哀しみ(戦争への懺悔、哀しみを表すもの)
 ④反戦(反戦の決意・誓いを表わすもの)
 新潟県の碑文(15年建立)には、「平和の維持を希求」「不戦の誓いを新たに」との文言が見られる。しかし、「すべての碑文におしなべて言えることは、戦争罪責の告白が見られない」(平良)。
 ⑤沖縄友好(沖縄との友好、連帯等を表すもの)

語り継がれるもうひとつの神武天皇陵 外池昇氏2月29日

神武天皇陵3カ所 江戸時代において神武天皇陵とされた地が3カ所あったことは、すでによく知られている。つまり、元禄の修陵で幕府によって神武天皇陵とされ文久の修陵でその管理を…

《浄土宗開宗850年⑤》本願を説く人に遇う、そこに聞き開かれる仏道 難波教行氏2月19日

1175年春、親鸞の師・法然は、善導『観経疏』の「一心専念弥陀名号」から始まる一文によって、余行をすてて念仏に帰した。現在、浄土宗教団ではこの『観経疏』の文を「開宗の文」…

《浄土宗開宗850年④》現代語で読むブッダと法然のことば 石田一裕氏2月9日

仏典現代語訳の潮流 この四半世紀でパーリ語仏典の研究は飛躍的に進歩した。特に現代語訳されたパーリ語経論の刊行は、さまざまな碩学の努力の結晶であり、また日本における仏教学の…

AI技術暴走の危惧 宗教界からの倫理提唱(2月28日付)

社説3月1日

瞬発力ある災害支援 日常からの行いが奏効(2月23日付)

社説2月28日

過疎地置き去りの悲劇 東京一極集中の裏返しだ(2月21日付)

社説2月22日
このエントリーをはてなブックマークに追加