PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

天をいただく

〈コラム〉風鐸2023年12月6日 13時14分

険悪な間柄を指して、犬猿の仲とか不倶戴天の敵などと言う。不倶戴天とは、同じ空の下には相手を生かしておけないという意味。よほどの憎しみがなければ、これほどの関係にはなりがたい◆不倶戴天としか形容しようのないところが、イスラエルとパレスチナの関係にはある。歴史上、幾度となく衝突を繰り返す中で、互いの不信と嫌悪が増幅されてきた感は否めない。衝突を繰り返すたび、和平への道のりは一歩また一歩、後退した◆「俺たちが望むのは国家の樹立だ。祖国こそ全てだ」。1972年のミュンヘン五輪事件を描いたスティーブン・スピルバーグ監督の映画「ミュンヘン」(2005年公開)で、パレスチナ武装勢力の青年は語る。ユダヤ人はイスラエルという国を手にしたが、自分たちには帰るべき祖国がない。だから戦い続けるのだ、と◆パレスチナ自治区ガザ地区を実効支配するハマスとイスラエルの衝突は、10月7日の発生から2カ月になろうとしている。憎悪と報復、流血の連鎖を断ち切ることはできるのだろうか。予断を許さない状況が続く◆イスラエルを含むパレスチナの地は古来、オリーブの生育地として知られる。イスラエル国章にもあしらわれるオリーブの花言葉が「平和」であるのは、現下の状況を思えば皮肉としか言いようがない。かの地の人々が共に天をいただく平和の訪れを、願うばかりだ。(三輪万明)

消えた象徴

2月14日

自身の栄華を満月に例えたのは平安時代の藤原道長であった。昭和の元首相にとって、あの邸宅こそ望月だったのかもしれない。1月8日、東京都文京区の田中角栄元首相邸が火災に見舞わ…

人のふり見て

2月7日

十数年ぶりだろうか。ニュースで流行は知っていたがどこか人ごとだったインフルエンザに新年早々罹患した。コロナ禍もあってここ数年、マスクや手洗いには十分気を使ってきたつもりだ…

宗教の自由

1月31日

米国には「国際宗教の自由法」があり、国務省に「国際宗教の自由局」が置かれている。毎年、国務省からは「国際宗教の自由報告書」が発表され、日本の新聞でも取り上げられることがあ…

過疎地置き去りの悲劇 東京一極集中の裏返しだ(2月21日付)

社説2月22日

災害時に即応する体制 教団のネットワークを活用(2月16日付)

社説2月20日

データ保存の問題 消されたオウム関連資料(2月9日付)

社説2月16日
このエントリーをはてなブックマークに追加