PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

地元の人々と決断 前へ コインチェンジ発案

大阪府交野市・住吉神社 谷垣文人宮司

「たくさんのご縁を」と願う谷垣宮司(右)とそれを支える権禰宜の武田詩奈さん 「たくさんのご縁を」と願う谷垣宮司(右)とそれを支える権禰宜の武田詩奈さん

金融機関で硬貨取扱手数料が導入されたのを受け、大阪府交野市私部の住吉神社は昨年、参拝者からさい銭として寄せられた硬貨を紙幣などと無料で両替するコインチェンジを始めた。発案した谷垣文人宮司(46)はこれまでに20社以上のメディア取材を受け「これほど話題になるとは」と驚きの表情を見せる。

さい銭の大半は初詣で寄せられるため、昨年は2月13、20日、今年は1月29日と2月5日に社務所で両替を受け付けた。今年も昨年同様、両日で50人近い人が両替に訪れ、用意された硬貨も全て出尽くしたという。

家族総出で列に並ぶ人、神戸から訪れた女性経営者、「あるだけ欲しい」と頼み込む人など訪れる人は様々。利用者の半分以上はこれまで一度も同神社を訪れたことがなく、新たなご縁づくりの場にもなっている。

きっかけは一昨年に取引先の金融機関からそれまで無料だった硬貨預け入れに手数料が必要になると告げられたことだった。数百万円の硬貨を預け入れるのに数万円の手数料がかかるようになった。

その時、頭に浮かんだのがコインチェンジだった。硬貨を必要とする小売店も手数料に悩んでいるのではないか――。役員会で話すと皆が賛同し背中を押してもらえた。

ただ、周囲に大口の商店が少なく、個人も含めて幅広く両替を受け付けることにしたが、準備が大変だった。受付で大勢の両替に対応するには、同種の硬貨をあらかじめ50枚ずつ束状に包装しておく必要がある。手作業の装填は途方もない時間がかかるため、硬貨包装機も購入した。投入した硬貨が瞬く間に透明フィルムに束ねられる仕組みだが、外貨などが混じっていると詰まって作業が止まる。初詣で集まった大量の硬貨を装入するのに半日以上もかかった。

地域の人も作業を手伝ってくれた。「地域の協力があってこそできる取り組みなんです」と谷垣宮司。「準備の大変さを経験すると金融機関の手数料にもうなずけます」

正直、手数料を払ってでも硬貨を銀行に預け入れるメリットの方が大きいとも感じる。ただ、「喜ばれるのであれば続けたい」とも。伝統が重んじられる世界で、新たな取り組みを始める不安はなかったのかと尋ねると「総代会や役員会を毎月開き、地域の人と密に話せる場があったことが大きかった。責任を一人で全部持つのは重たいけどみんなで決めたことだから前に踏み出せた」。

(岩本浩太郎)

手話や字幕を用いて法話を伝える青龍寺住職と石川氏

手話付き法話を配信 息子の難聴判明契機に

2月2日

真言宗智山派仙蔵寺(東京都台東区)の青龍寺空芳住職(33)は難聴の息子のために手話を学び始めたのをきっかけに、手話通訳士の石川阿氏(33)と協力して手話通訳を付けた法話の…

人々の願いが書かれた護摩木を読経しながら火にくべる柴谷住職

仏教の教え 性差別ない LGBTらの悩み傾聴

12月8日

小学生の頃から男性を演じる息苦しさを感じてきた。だから、会社員時代に趣味の四国八十八カ所霊場巡りで出会った遍路仲間から女性に見られたことが何よりもうれしかった。 お遍路さ…

「お寺は檀家さんあってのもの。偉そうではいけないんです」と話す根岸住職

門戸開放、檀家あってのお寺 社会貢献にも長年尽力

11月17日

真言宗豊山派宗務所の教化部長、総本山長谷寺(奈良県桜井市)寺務長など宗派の布教、教化に関わる役職を歴任。自坊・養福寺(東京都荒川区)の興隆に努める一方、約20年にわたる保…

過疎地置き去りの悲劇 東京一極集中の裏返しだ(2月21日付)

社説2月22日

災害時に即応する体制 教団のネットワークを活用(2月16日付)

社説2月20日

データ保存の問題 消されたオウム関連資料(2月9日付)

社説2月16日
このエントリーをはてなブックマークに追加