PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

蓮がつないでいった縁 要望に応えお寺を開く

川崎市高津区・浄土宗大蓮寺 大橋雄人住職

転機となった蓮のつぼみを見つめる大橋住職 転機となった蓮のつぼみを見つめる大橋住職

浄土宗大蓮寺(川崎市高津区)の大橋雄人住職(41)は「お檀家さんだけでなく地域の方々のための場所でありたい」との思いで地域に開かれた寺院を目指している。

当初は寺を継ぐ予定はなかったが、副住職だった叔父と先代住職の祖父とが相次いで亡くなったことから、2013年に31歳で住職に就任した。ただその直後は、大学の非常勤講師や浄土宗総合研究所の研究員などを務めながら、全日本仏教青年会や全国浄土宗青年会の事務局などの仕事も任され始めた時期でもあり、理想はあってもなかなか思うように動くことができなかった。

転機となったのは、寺の名前にもある蓮の花だった。境内の鉢で育てていたところ、見事に咲く蓮の花を見掛けた寺の目前にある洗足学園音楽大の関係者から株分けを求められた。そこから地域交流のために開くコンサートの会場を学外で探しているとの相談を受け、快諾。17年の花まつりに合わせて本堂をコンサート会場として提供したことから次々と縁がつながっていった。

同寺で花まつりを催したのは数十年ぶりだった。そこで、コンサートの来場者に「お寺で何かやりたいことはありますか」とアンケートを取ったところ、「寺ヨガをやりたい」と手を挙げた人がいた。こうした出来事をきっかけに、会館や本堂、客殿などのスペースを地域住民の要望に合わせて開放しようと決めた。

今では、仏像彫刻教室やヨガ教室、社会人落語会など各種ワークショップが定期的に行われている。大橋住職も寺のSNSを活用して積極的に告知に協力。ワークショップの講師は「お寺という落ち着いた雰囲気の場所で作業に取り組むことができ、参加者にも喜んでもらえている」と話す。

ここ数年の花まつりでは、大橋住職の企画で近隣の他宗を含む4カ寺でのスタンプラリーを実施している。30分ほどで回りきることができ、全てのスタンプを集めると腕輪念珠などの記念品がもらえるとあって子どもらにも好評。今年は3日間で約千人が達成した。「毎年着実に参加者が増えており、地域のイベントとしてなじんできたことを実感している」と感慨深げに語った。

今後は、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で休止していた仏教文化講座の再開や、檀信徒とのコミュニケーションと情報発信のために始めた寺報の発行にも注力したい考えだ。

(佐藤慎太郎)

手話や字幕を用いて法話を伝える青龍寺住職と石川氏

手話付き法話を配信 息子の難聴判明契機に

2月2日

真言宗智山派仙蔵寺(東京都台東区)の青龍寺空芳住職(33)は難聴の息子のために手話を学び始めたのをきっかけに、手話通訳士の石川阿氏(33)と協力して手話通訳を付けた法話の…

人々の願いが書かれた護摩木を読経しながら火にくべる柴谷住職

仏教の教え 性差別ない LGBTらの悩み傾聴

12月8日

小学生の頃から男性を演じる息苦しさを感じてきた。だから、会社員時代に趣味の四国八十八カ所霊場巡りで出会った遍路仲間から女性に見られたことが何よりもうれしかった。 お遍路さ…

「お寺は檀家さんあってのもの。偉そうではいけないんです」と話す根岸住職

門戸開放、檀家あってのお寺 社会貢献にも長年尽力

11月17日

真言宗豊山派宗務所の教化部長、総本山長谷寺(奈良県桜井市)寺務長など宗派の布教、教化に関わる役職を歴任。自坊・養福寺(東京都荒川区)の興隆に努める一方、約20年にわたる保…

過疎地置き去りの悲劇 東京一極集中の裏返しだ(2月21日付)

社説2月22日

災害時に即応する体制 教団のネットワークを活用(2月16日付)

社説2月20日

データ保存の問題 消されたオウム関連資料(2月9日付)

社説2月16日
このエントリーをはてなブックマークに追加