PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

伽藍復興に向け拝観開始 7㍍本尊の造立目指す

岡山市北区・天台宗金山寺 岸本賢信住職

年度内に修復される仁王像(吽形)と並ぶ岸本住職(仮本堂で) 年度内に修復される仁王像(吽形)と並ぶ岸本住職(仮本堂で)

2012年12月24日未明、1300年に及ぶ歴史を有する天台宗金山寺(岡山市北区)の本堂(国重要文化財、当時)と本尊千手観音像が焼失した。住職は急逝し、寺の復興を託されたのが、在家出身で当時、毘沙門堂門跡(京都市山科区)で修行していた岸本賢信住職(39)だった。

師僧の叡南覚範探題(7月26日死去)の意向を受けて翌年に着任。建物や境内の維持管理のために奔走し、昨年ようやく山門(岡山市指定重要文化財)の修復工事にこぎ着けた。クラウドファンディングを利用した仁王像の修復工事も年度内に始まる。

金山寺は、孝謙天皇の勅願で報恩大師が749年に開いた。平安時代末期には臨済宗の開祖・栄西禅師が住職を務め、天台密教葉上流の灌頂を行ったと伝わる。戦国時代には宇喜多直家、江戸時代には池田藩の保護を受けたが近年は荒廃し、岸本住職が入寺した当初は山門や客殿の老朽化が著しかった。仮本堂は2014年に建築し、最小限の行事・運営はできるようにした。

岸本住職は「着任後、設備の維持管理から行った。雨漏りが激しく倒壊の危険もあった山門に加えて、1660年に良尚法親王が奉安した扁額を修理している。仁王像の後は、築300年超の客殿を文化財に指定していただいた上で補助金を活用しながら修復したい」と話す。「初詣の護摩祈願に力を入れており、復興資金として浄財を積み立てている」という。

2021年に寺務員を雇用して客殿の拝観事業を開始した。「宗教施設なので仏さんに休みはない。いつでも受け入れられる態勢を整えた」とし、午前10時から午後5時まで、内仏殿や書院を含めて公開している(大人500円)。

「まずはできることから」と語る岸本住職が目標とする夢は、新しい本尊千手観音の造立だ。護摩堂手前にある樹齢200年のヒノキを使い、平安時代古式の立木工法で「約7㍍の大千手観音像を造立する」。野外で根つき一本彫りを行い、広く参拝者に見学してもらいながら造立する壮大な計画になる見込みだ。

実現はまだ先になりそうだが、浄財は着実に集まっている。岸本住職は「何もしなかったら何もできない。多くの人に関わってもらえる仕組みを作り、社会性・話題性のある形で寄付・勧進を募っていく。そうした努力を今後も続けたい」と訴える。

(須藤久貴)

津島市内の各派19カ寺でつくる津島霊場会の行事をラジオ番組でPRする伊藤住職㊨

近隣で托鉢行脚40年 僧侶としての覚悟固まる

3月1日

愛知県津島市・浄土宗西山禅林寺派宝泉寺の伊藤信道住職(68)は、4年前に心臓を患ったのを機にやむなく中止するまで40年余りにわたって津島市内で托鉢を行じた経験を持つ。 托…

手話や字幕を用いて法話を伝える青龍寺住職と石川氏

手話付き法話を配信 息子の難聴判明契機に

2月2日

真言宗智山派仙蔵寺(東京都台東区)の青龍寺空芳住職(33)は難聴の息子のために手話を学び始めたのをきっかけに、手話通訳士の石川阿氏(33)と協力して手話通訳を付けた法話の…

人々の願いが書かれた護摩木を読経しながら火にくべる柴谷住職

仏教の教え 性差別ない LGBTらの悩み傾聴

12月8日

小学生の頃から男性を演じる息苦しさを感じてきた。だから、会社員時代に趣味の四国八十八カ所霊場巡りで出会った遍路仲間から女性に見られたことが何よりもうれしかった。 お遍路さ…

AI技術暴走の危惧 宗教界からの倫理提唱(2月28日付)

社説3月1日

瞬発力ある災害支援 日常からの行いが奏効(2月23日付)

社説2月28日

過疎地置き去りの悲劇 東京一極集中の裏返しだ(2月21日付)

社説2月22日
このエントリーをはてなブックマークに追加