PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
第16回涙骨賞〈選考委員選評〉
PR
お知らせ 墨跡つき仏像カレンダー2020

不登校から③ 救えなかった命、僕の肩に…

ジェリービーンズのメンバーは公演後も聴衆と交流する ジェリービーンズのメンバーは公演後も聴衆と交流する

ジェリービーンズの講演コンサートでは、山崎史朗さんも体験を話す。「僕がこういう活動をしているのは、今まで救えなかった命がたくさんあったから」。史朗さんが小学5年から不登校になった理由は、クラスのある女子に対するいじめだった。女子の身体的特徴を一人の男子がからかうと、多くの児童が同調して「気持ち悪い」とのけ者にした。けがをするまで嫌がらせがエスカレートしたが、元々周囲に溶け込めない性格の史朗さんは「いじめを止める勇気もなく、自分も同じようにされたら怖いと、学校に行けなくなりました」。だが女子はずっと耐えて登校を続けた。

6年になったある日、史朗さんが気力を振り絞って学校へ行くと、同級生が「休むなんてズルいで」と責めるのに、その女子は「心がしんどいから来られへんのや」と言って泣きじゃくった。

「僕をかばってくれたのは、自分も学校で苦しかったからでしょう」。しかし史朗さんがバンドを始めていた16歳の時、その子が自死したことを知った。「もっと仲良くしておれば」。後悔で心が痛み、思いを歌詞にした。「君が生きていることを誰が否定していようと そんな言葉に耳を貸す必要はない」(「Deny」)。その後も、不登校の仲間で親しかった青年が突然飛び降り自殺した。以前にリンチなど激しいいじめを経験していたことが分かった。「僕の肩にはたくさんの命が乗っかっています。だから、何があっても生きてと叫びたい」

八田典之さんは勉強もスポーツも普通にできる子どもだったが、小学6年の時にクラスになじめず、友人関係で悩みを抱えても誰にも相談できず学校に行けなくなった。そんな、ずっと不登校を続けたメンバー3人が音楽活動に入ったのは10代後半。母親らに「不登校児の親の会」に連れられて行くうち、年長者に教えてもらったギターの楽しさにのめり込んだ。引きこもってゲームばかりしていたのが友人もでき、励まし合っての練習で気持ちがつながる。そして親の会の集まりでバンドとして演奏を初めて披露したのが契機になった。

それまで目立ちたくなくて演奏を録音しては仲間で聴くくらいだったのが、会場が歓声と拍手に沸いた。「こんな僕らでも人を喜ばすことができるんや」と山崎雄介さんは胸が震えた。「必要としてもらえたのがうれしく、音楽に救われた」と八田さん。ある男性の「君らすごいオーラがある」との称賛の言葉が3人の支えになった。「これができるからとか根拠が何もなくても誰かを讃える。それが『生きていていいよ』と受け入れ、愛することではないでしょうか」

滋賀県竜王町でのコンサートは、いじめや不登校、自死問題を互いに考える狙いの「じんけんを考えるみんなのつどい」。3人の熱唱と講演に鳴りやまない拍手の中、聴衆の高校2年の女子は「私も苦しい事が多いけど人には言えない。でもこれからは自分だけじゃないって思えます」と話した。

この日が息子の誕生日という40代の母親は「演奏を聴いて、息子が生まれてきてくれたことを本当にありがたく思え、泣けてきました。誕生プレゼントをもらったみたい」、30代女性は「子どもの気持ちを理解する難しさを学べました。もっと丁寧に接していきたいと思いました」と感想を述べた。そして50代女性は「心に刺さりました。私たちにできるのは心の居場所をつくってあげること! いろんな生き方があると認め合うこと!」と。

(北村敏泰)

不登校から⑤ 「駄目な親」と思い込み苦悩

不登校から⑤ 「駄目な親」と思い込み苦悩

7月31日

ジェリービーンズの3人が学校に行けなかった頃、大津市の自宅近くにキリスト福音教会があり、山崎雄介さんと史朗さん兄弟はその「土曜学校」に行っていた。1歳上の八田典之さんも「…

居場所の集いで子供らと遊ぶ雄介さん

不登校から④ 大事な「自分を肯定すること」

7月10日

ジェリービーンズの3人が不登校の体験を話すようになったのは、バンド活動を始めてから4年後、20歳になった年からだった。人前に出ることさえ嫌だったのが、演奏を聴いた人に喜ば…

ジェリービーンズのコンサートはエネルギッシュだ

不登校から② 違っていて当然、一人じゃない

6月26日

「元不登校バンド」との異名を持つ「ジェリービーンズ」の講演コンサートが、ドラムスの山崎雄介さんらメンバーが拠点とする滋賀県の竜王町公民館で開かれた。 若者から中高年までの…

どこに希望があるか 核軍事体制とコロナ後の世界

社説7月31日

愛国心の悪用 共生に逆らう動き警戒を

社説7月29日

やまゆり園事件4年 社会に広がる優生思想

社説7月22日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加