PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
中外日報宗教文化講座2021
PR
中外日報宗教文化講座2021 墨跡つき仏像カレンダー2021

社会的養護・CSPという考え方 ― 望ましい行動を効果的に躾る(1/2ページ)

防府海北園副園長 岩城淳氏

2015年5月29日
いわき・じゅん氏=1975年生まれ。佛教大卒業後、山口県立大大学院健康福祉学部健康福祉学研究科(博士前期課程)修了。山口県内の情緒障害児短期治療施設、児童相談所一時保護所の指導員などを経て、2013年から児童養護施設防府海北園(防府市)副園長。社会福祉士。コモンセンス・ペアレンティング(CSP)トレーナーオブトレーナー。周南市・浄土真宗本願寺派徳応寺衆徒。
1.児童養護施設

「児童養護施設に足を運ばれたことのある方、どれくらい、いらっしゃいますか?」。私は、いろいろな方々の前でお話をさせていただく際に、まずこの質問をします。多くの場合、児童養護施設の認知度は1割にも満たないのが現実です。そこで、私が副園長を務める児童養護施設防府海北園の話から始めさせていただいています。

防府海北園は、戦後多くの戦災孤児と言われる子どもたちが、生活の場に困り、生きていくことに困難を感じていた時代に浄土真宗本願寺派の僧侶であった私の祖父・岩城眞也が、戦争のために親を亡くしてしまった子どもたちと、共に生きて行こうと私財をなげうって創設しました。その後、息子の満が志を引き継ぎ、時代のニーズに合わせた社会的養護を展開してきました。現在は、約70人の子どもたちが防府海北園で生活をしています。

児童養護施設とは、保護者の疾病や経済的困窮等、何らかの理由で親と一緒に生活のできない子どもをお預かりして、安心安全な生活の場所を提供し、私たち職員と呼ばれる大人が寄り添い、支えていく。簡単に言えばそういう場所です。

現在は、児童養護施設は生活単位の小規模化に着目して、大きい建物から小さい建物への移行が進められています。大きい建物の中を区切って生活単位を小さくするユニット化や、地域に家を建て、または借りて生活するグループホームの形です。さらに今後の社会的養護では、里親活動も大きな割合を占めることになっていくでしょう。

親と一緒に生活できないのには、様々な理由がありますが、近年問題となっているのは、児童虐待です。ネグレクト(育児放棄)も含めると、児童養護施設で生活する子どものうち約6割は虐待が主な理由と言われています。

2.児童虐待

虐待というと、もちろんニュースで流れるような悲惨な事件もありますが、年間7万件にものぼる多くの虐待通告や相談の裏には、子育てに悩んでいる保護者の姿があります。多くの虐待は、相談場所がなく助けがなく、周りの目がないところで、子どもと向き合って発生しているのです。私は、望ましくない関わりをしてしまった保護者に対して、そして子育て支援のツールとして、コモンセンス・ペアレンティング(CSP)というプログラムを通して支援を行ってきました。

3.CSPという考え方

コモンセンス・ペアレンティングは、行動療法の理論背景をもとに全米最大の児童福祉施設であるガールズ&ボーイズタウンで開発されました。ロールプレイを使って、子どもの問題行動を減らし、望ましい行動を効果的に躾られるプログラムです。このプログラムを「児童養護施設神戸少年の町」の当時児童指導員だった野口啓示先生が日本に持ち帰り、日本の文化に合わせて開発、効果検証を行ってこられました。

4.躾(しつけ)

CSPを「望ましい行動を効果的に躾られるプログラム」と紹介しましたが、子どもを躾ようとして、うまく躾られない、期待する行動をしてくれないのはストレスになります。私は、虐待の原因の一つとして、「ストレス」を考えます。

ストレスは蓄積します。例えば、「昨夜から夫婦げんかをしていて、仕事がうまくいかず、なんだか熱っぽい、子どもが泣いている登園前の朝の状況」を想像してみてください。

子どもが泣いている朝の状況だけならストレスにならない人もいるでしょう。しかし、ストレスの重なった状況を考えると、虐待という問題は、身近に感じることができるのではないでしょうか。

ストレスに対しサポートがある環境というのは大切になります。いろいろな虐待ケースと関わったときに感じるのは、「非常に追い詰められた状況がある」ということです。

最近は、何らかの発達障害の話など、子どもとの関わりそのものに対する不安を聞くこともあります。まじめな母親ほど悩み、それに対するサポートがうまく機能しなかったとき、自分が本来したくなかった行動をしてしまう可能性があります。そうした状況で、たたくという行動をとってしまうこともあります。

感染症をめぐる差別の歴史的構造 中川未来氏3月8日

産業革命後に発展した電信や蒸気船、鉄道といったテクノロジー、そして大陸や大洋間をつなぐインフラ整備により世界は急速に一体化が進みました。19世紀半ばから顕在化したグローバ…

成年後見制度は宗教にどのような影響を与えるのか 深水顕真氏3月2日

第三者が個人の法的な権利を代理する場合、従前の信仰行為はどのように担保されていくのだろうか。ここでは、昨年11月1日の第93回日本社会学会での研究発表をおこなった拙論「成…

現代日本社会と女性教師 丹羽宣子氏2月19日

現代日本社会は大規模な変化の只中にある。人口減少社会の到来や過疎化の進行は寺院の存続に密接に結びつく問題であり、家族構造の変化は儀礼のあり方を変容させ、儀礼典礼を執り行う…

慈悲心浅き世相 共感の輪を広げないと

社説3月5日

情報氾濫、狭まる視野 バランス取れた発信の大切さ

社説3月3日

食品ロスを減らす 資源を大切にする生き方

社説2月26日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加