PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
第21回涙骨賞募集 2024宗教文化講座

同性カップル「祝福」 宗教的対立はらむ生命倫理(6月7日付)

2024年6月12日 10時00分

同性愛カップルに対する祝福の可否という問題を含むバチカン教理省の宣言「フィデューシア・サプリカンス」は発表以来半年たっても反響はなお静まらない。

カトリック内部にもジェンダー平等などへ理解を示す教皇フランシスコを「偽預言者」と攻撃する元駐米教皇庁大使ビガノ大司教のような人々がいる。ロシア正教のキリル総主教もLGBTQの動きにかねて強い嫌悪を示してきたことで知られる。同総主教は「フィデューシア・サプリカンス」について総主教庁の聖書神学委員会に諮問し、「キリスト教の道徳的教えからの急激な逸脱を反映している」という見解を引き出した。ちなみに同委員会委員長はウクライナ侵攻後に要職の対外教会関係局長から左遷されたヒラリオン府主教で、教皇とも親しい人物だ。

バチカンは反響の大きさに、「宣言」の軌道修正を迫られた、というべきか。その発表からわずか半月後に教理省長官名で、「フィデューシア・サプリカンス」の重要な点は「祝福の古典的理解を広げ、豊かにする可能性を求めた」ことにある、と同性愛祝福の誤解を訂正する声明を行った。さらに、4月8日には「ディグニタス・インフィニタ(無限の尊厳)」と題する教理省宣言で、戦争や人身売買などと並んで「生物間に存在する最大の差異である性差を否定する意図」を持つとして「ジェンダー理論」を批判している。

教皇も先月、米の放送局CBSのインタビューに応じ、同性愛は教会の法に反するため祝福できない、と明言した。例えば同性愛者の個人に対する祝福は可能だが、「同性の結合(same-sex unions)」は祝福できない、というわけだ。

日本では同性婚は法律上認められていないが、合法化を認める声は多いとされる。ただ、その是非の判断は信念(世俗的あるいは宗教的)に基づくかといえば少し違うようだ。米の世論調査研究機関ピュー・リサーチセンターによると、日本における同性婚肯定は74%で西欧並みに高い。しかし強い支持より「どちらかといえば」という曖昧な是認が非常に多い。

性差についての考え方は時代と共に変化してきたし、グローバルな基準はこれからも変わってゆくだろう。一方、「どちらかといえば」という曖昧さは日本的で、当面あまり変わらないかもしれない。ただ、同性婚のみならず生命倫理に関わる多くの問題は、宗教的立場から深刻な対立をはらんでいるし、その溝は容易に埋まりそうもない。このような信念の相違があることを、我々も十分に認識しておく必要性は高まっている。

SNSがもたらす錯覚 信頼する情報の見分け方(7月17日付)7月19日

東京都知事選で多くの人が驚き呆れたのは一部の候補者が張った選挙ポスターの非常識ぶりだ。注目を集める選挙では、泡沫候補と呼ばれる人が立候補する例はこれまでも多々あった。売名…

震災の記憶伝承 期待される若い語り部(7月12日付)7月17日

東日本大震災から年月がたっても、被災体験を風化させないために語り伝えることの重要性は増すばかりだ――。被災地の住職からこのような便りが届いた。被災者に寄り添うそんな宗教者…

問題意識共有を 医療従事者らの宗教的関心(7月10日付)7月12日

宗教者と医療やケアや福祉の関係者の交流の機会が増えている。2000年代前半に立ち上げられた団体に、仏教看護・ビハーラ学会があり、続いて、日本スピリチュアルケア学会、日本臨…

ガンダン寺のジャヴザンドルジ住職を表敬訪問した交流団

法華経解説書、蒙語に モンゴルの大学・寺訪れ贈呈 一乗思想など普及へ 日蓮宗・立正大

ニュース7月23日
空海が本尊として迎えたとされる薬師如来立像を見る来場者

東博で神護寺展開幕 寺外初公開の本尊「薬師如来立像」 修復終えた「高雄曼荼羅」など披露

ニュース7月23日
瑩山禅師を讃える香語を唱える石附貫首

【特集】大本山總持寺開山太祖瑩山紹瑾禅師700回大遠忌 「正伝の仏法」相承、全国に敷衍 一味同心で報恩の誠 法要円成800人集う

ニュース7月23日
このエントリーをはてなブックマークに追加