PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
第21回涙骨賞募集 2024宗教文化講座

効率社会へ無言の拒否? 静かに続く遍路への関心(6月14日付)

2024年6月19日 09時37分

弘法大師空海ゆかりの八十八ヵ所霊場を巡る四国遍路に、コロナ禍で激減していた巡礼が戻ってきたようだ。今年は功徳が3倍になるという逆打ちの年(うるう年)でもあり、例年に近い水準にまで回復しているという。

日本人は信仰心が薄いといわれる。だが、パワースポットやスピリチュアルが日常語になって久しく、一方で分断社会といわれる世相の行く末に懸念が募る。そんな時代にあって、社会現象化した感もある四国遍路が発するメッセージは何か。遍路道の各所に巡礼の休憩所を造る「四国八十八ヶ所ヘンロ小屋プロジェクト」に長く関わってきた梶川伸氏は「遍路には、戦後日本を支えてきた基本的価値とは正反対の価値観がある」という。示唆に富む指摘である。

四国遍路は例年約10万人の巡礼があるとされるが、2020年のコロナ禍で一時は6割以上も減った。だが、今年のゴールデンウイークはいつものにぎわいを取り戻し、外国人が目立ったという。

巡礼の方法は観光バスとマイカーが大半だが、マスメディアなどを通し流布される歩き遍路の情報が四国遍路のイメージを形成しているようだ。歩き遍路は1200㌔の遍路道を霊場から霊場へと、苦しくてもとぼとぼ歩く道中で地域の自然と風土に触れ、地元の人々に人情厚く接待される。そこに、現代の「無縁社会」が見失った緩やかな連帯意識が生まれる。宗派とは関わりなく「お大師信仰」を共有していることも、心が結ばれやすい要因の一つだろう。

四国遍路は時代により、その様相を変えてきた。古くは仏道修行の場として、また大衆化した江戸時代からは「お接待」に象徴される遍路文化が生活困窮者のセーフティーネットの役割を担ってきた。

社会福祉が整備されたため、今の遍路は人との交わりを求め、また癒やしや人生の意味を問い直す自己確認のため、などの動機が特徴とされる。信仰を挙げる人が少ない半面、誰もが参加できる多様性は一神教には見られない仏教ならではの特性だろう。

年齢層では定年世代と若者が多く、階層別では中間層が中心とみられる。戦後日本を築いた経済効率・成長至上主義を前に立ちすくむ若者や、そのくびきから解放され、戸惑いつつもゆとりある余生を切望する人間像が浮かぶ。

近年、四国遍路を世界遺産に、という運動が熱を帯びている。だが、効率を求めるのではなく、結願までひと月以上の時間をかけて、自己の生の意味を心静かに考えたい遍路の存在を忘れてはなるまい。

SNSがもたらす錯覚 信頼する情報の見分け方(7月17日付)7月19日

東京都知事選で多くの人が驚き呆れたのは一部の候補者が張った選挙ポスターの非常識ぶりだ。注目を集める選挙では、泡沫候補と呼ばれる人が立候補する例はこれまでも多々あった。売名…

震災の記憶伝承 期待される若い語り部(7月12日付)7月17日

東日本大震災から年月がたっても、被災体験を風化させないために語り伝えることの重要性は増すばかりだ――。被災地の住職からこのような便りが届いた。被災者に寄り添うそんな宗教者…

問題意識共有を 医療従事者らの宗教的関心(7月10日付)7月12日

宗教者と医療やケアや福祉の関係者の交流の機会が増えている。2000年代前半に立ち上げられた団体に、仏教看護・ビハーラ学会があり、続いて、日本スピリチュアルケア学会、日本臨…

ガンダン寺のジャヴザンドルジ住職を表敬訪問した交流団

法華経解説書、蒙語に モンゴルの大学・寺訪れ贈呈 一乗思想など普及へ 日蓮宗・立正大

ニュース7月23日
空海が本尊として迎えたとされる薬師如来立像を見る来場者

東博で神護寺展開幕 寺外初公開の本尊「薬師如来立像」 修復終えた「高雄曼荼羅」など披露

ニュース7月23日
瑩山禅師を讃える香語を唱える石附貫首

【特集】大本山總持寺開山太祖瑩山紹瑾禅師700回大遠忌 「正伝の仏法」相承、全国に敷衍 一味同心で報恩の誠 法要円成800人集う

ニュース7月23日
このエントリーをはてなブックマークに追加