PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
第21回涙骨賞募集 2024宗教文化講座

観光公害 時に毅然とした対応も(6月21日付)

2024年6月26日 09時22分

昨今の円安傾向もあって、大勢の外国人が観光に訪れるようになった。今や観光地は慢性的なオーバーツーリズム状態である。日本の習慣やマナーを知らない観光客のために、迷惑行為も各地で多発している。そんなことをするのはごく一握りだろうが、観光客の母数が大きいため目に余る行為が常態化している。統計によれば、京都市民1人当たり年間の観光客は30人にも上る。京都は今、観光公害とも言うべき状況にある。

迷惑行為は、静謐な空間であるはずの神社仏閣でも目立つようになった。つい最近も、八坂神社の鈴緒を夜中に乱暴に鳴らす外国人観光客たちを注意した女性が、逆に外国人ガイドからののしられる動画がSNS上で拡散し、大きな物議を醸した。欧米のキリスト教会やイスラム圏のモスクで、観光客がこのような振る舞いをすれば、有無を言わさずつまみ出されるだろう。結局、八坂神社では「参拝者の安全を考慮し」、夜間に鈴緒を鳴らせないようにしたのだった。

本紙5月29日付社説では、宗門や教団がQRコードを介して動画を流すことで、日本の宗教文化への理解を促す案を紹介した。望ましい対応策だが、一方で、もはや悠長なことを言ってはいられない現実もすでに起こっている。外国人観光客の中には、明確に禁止されない限り、好きなように振る舞ってよいと考える人も少なくないからだ。あるべき理想だけでこの実態を改善するのは難しい。単純に、拝観料を上げればいいという問題でもない。それは宗教施設の本質に関わる問題なのである。

伝統教団の宗教施設では、近年来、社会に開かれた在り方を取るべく、自らの敷居を低くするように努めてきた。しかしながら、参拝者を押しのけるほど観光客が大勢押し寄せてきたら、これまで門戸を広く開いていた寺社も、対応の仕方をいや応なく考え直さざるを得ないだろう。

境内は聖なる空間である。そこでの振る舞いも当然、静謐を心掛けることが求められる。なにも外国人観光客に正式な参拝作法を守らせようというわけではない。日本人だってそうした参拝作法は知らない場合が多いのである。むしろ観光するならば観光するで、ここは日本の伝統的な宗教施設であり、神仏への敬意や参拝者への配慮をわきまえてもらえれば、それで十分なのである。大切なのは、観光客も宗教施設において有すべき最小限のエチケットである。

それでも目に余る場合、宗教者は時に毅然とした対応を取ることも必要である。

SNSがもたらす錯覚 信頼する情報の見分け方(7月17日付)7月19日

東京都知事選で多くの人が驚き呆れたのは一部の候補者が張った選挙ポスターの非常識ぶりだ。注目を集める選挙では、泡沫候補と呼ばれる人が立候補する例はこれまでも多々あった。売名…

震災の記憶伝承 期待される若い語り部(7月12日付)7月17日

東日本大震災から年月がたっても、被災体験を風化させないために語り伝えることの重要性は増すばかりだ――。被災地の住職からこのような便りが届いた。被災者に寄り添うそんな宗教者…

問題意識共有を 医療従事者らの宗教的関心(7月10日付)7月12日

宗教者と医療やケアや福祉の関係者の交流の機会が増えている。2000年代前半に立ち上げられた団体に、仏教看護・ビハーラ学会があり、続いて、日本スピリチュアルケア学会、日本臨…

ガンダン寺のジャヴザンドルジ住職を表敬訪問した交流団

法華経解説書、蒙語に モンゴルの大学・寺訪れ贈呈 一乗思想など普及へ 日蓮宗・立正大

ニュース7月23日
空海が本尊として迎えたとされる薬師如来立像を見る来場者

東博で神護寺展開幕 寺外初公開の本尊「薬師如来立像」 修復終えた「高雄曼荼羅」など披露

ニュース7月23日
瑩山禅師を讃える香語を唱える石附貫首

【特集】大本山總持寺開山太祖瑩山紹瑾禅師700回大遠忌 「正伝の仏法」相承、全国に敷衍 一味同心で報恩の誠 法要円成800人集う

ニュース7月23日
このエントリーをはてなブックマークに追加