PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
第21回涙骨賞募集 2024宗教文化講座

世俗化社会の中で 問われる公共領域での宗教(6月26日付)

2024年6月28日 09時53分

世界最多の有権者によるインド下院総選挙に続いて、それに次ぐ規模のEU(欧州連合)議会の選挙がこのほど行われた。インドは人民党(BJP)が第一党の座を引き続き占め、モディ首相が政権を維持したが、BJPは議席を減らした。EU議会は右派の台頭が目立ち、フランスは選挙の結果を受けてマクロン大統領が自国の議会の解散総選挙に踏み切った。

インドではBJPが推し進めるヒンズーナショナリズム政策の下、ムスリムやキリスト教徒などが圧迫を受けてきた。仏教を奉じるダリットへの攻撃、社会的不平等とそれに対する抵抗については、現地の禅僧ボディ・ダンマ氏が本紙に連載した「インド通信」でも詳しく報じていた。

総選挙ではBJPが過半数を割る結果となった。しかし、選挙中もモディ首相がムスリムを批判するなど、宗教的差別・不寛容が政治的文脈で高まる可能性が示された。EU議会における右派台頭もイスラムフォビアなどが背景にあり、異質なものの排斥を指向している。

宗教の私事化=宗教衰退というという世俗化理論に対し、ホセ・カサノヴァは『近代世界の公共宗教』(津城寛文訳)において、公共の領域で宗教が社会的役割を維持し、存在感を持つ「公共宗教」という宗教の復興現象を提示した。そこにはグローバルな共通善の可能性が暗示されていたと考えるが、ヒンズーナショナリズム、ロシア・プーチン政権とキリル総主教の正教会の蜜月関係、中国・習近平総書記の「宗教の中国化」政策、アメリカの福音派の影響力行使など、国家主義的・排他的「宗教復興」現象が一方で見られる。

日本では、第1次安倍政権における教育基本法改正の宗教教育の議論で宗教情操教育が提唱されたことがある(が実現するには至らなかった)。それとは別の局面で、大災害時の被災者支援や、地域社会の中心としての位置など、公共の領域で宗教者、宗教団体、寺社等の宗教施設の役割が近年、重視されつつある。寺離れなどの世俗化の現象は進んでいるものの、私事化で宗教の公共性が失われるという展望とは異なる動きも見られる。

今後、日本でも、公共の領域での宗教者、宗教施設、宗教団体の役割が注目されることがさらに増えてゆくだろう。その中において、私事化した宗教の公共圏での復活の可能性も同時に問われるに違いない。先に挙げたような海外の公共宗教的事例は、政教分離原則の枠内で、反面教師として注視すべきところは少なくない。

SNSがもたらす錯覚 信頼する情報の見分け方(7月17日付)7月19日

東京都知事選で多くの人が驚き呆れたのは一部の候補者が張った選挙ポスターの非常識ぶりだ。注目を集める選挙では、泡沫候補と呼ばれる人が立候補する例はこれまでも多々あった。売名…

震災の記憶伝承 期待される若い語り部(7月12日付)7月17日

東日本大震災から年月がたっても、被災体験を風化させないために語り伝えることの重要性は増すばかりだ――。被災地の住職からこのような便りが届いた。被災者に寄り添うそんな宗教者…

問題意識共有を 医療従事者らの宗教的関心(7月10日付)7月12日

宗教者と医療やケアや福祉の関係者の交流の機会が増えている。2000年代前半に立ち上げられた団体に、仏教看護・ビハーラ学会があり、続いて、日本スピリチュアルケア学会、日本臨…

ガンダン寺のジャヴザンドルジ住職を表敬訪問した交流団

法華経解説書、蒙語に モンゴルの大学・寺訪れ贈呈 一乗思想など普及へ 日蓮宗・立正大

ニュース7月23日
空海が本尊として迎えたとされる薬師如来立像を見る来場者

東博で神護寺展開幕 寺外初公開の本尊「薬師如来立像」 修復終えた「高雄曼荼羅」など披露

ニュース7月23日
瑩山禅師を讃える香語を唱える石附貫首

【特集】大本山總持寺開山太祖瑩山紹瑾禅師700回大遠忌 「正伝の仏法」相承、全国に敷衍 一味同心で報恩の誠 法要円成800人集う

ニュース7月23日
このエントリーをはてなブックマークに追加