PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
第21回涙骨賞募集 2024宗教文化講座

死の悲嘆ケア 人間同士の関係性が重要(6月28日付)

2024年7月3日 09時45分

死の悲しみや死にゆく恐怖にいかに寄り添うのか――。終末期医療に携わる人たちの研究会で、ホスピスなどの現場に向き合う宗教者たちの姿勢が手本にされることがある。そこでは、E・キューブラー・ロスが示した「死の受容過程」に沿った対応やいわゆる専門的なグリーフケアといった心理的な側面だけではなく、人と人との付き合いという側面が特徴的だ。

高齢者施設やがんで終末期の患者たちが療養するホスピスで、死期に向かう入所者が死の不安にさいなまれ、現実にはいもしない「親」に話し掛けたり食事を拒否したりする時、世話をするビハーラ僧は、何が訴えたいのか、なぜ食べたくないのか、その人の身になって付き合う。「患者にではなく、その人自身、その人生に付き合うのです。皆さんは人生の先輩。その後から付いて行く者として」

滋賀県にある近江兄弟社ヴォーリズ記念病院ホスピスの医師は、「ホスピスはいのちが生まれる場所」と考える。「患者は皆、一個の人間です。私は生きる人、あなたは死ぬ人、じゃない。病気だから死ぬんじゃなくて、人間だから死ぬのです。医療者も同じように往く身の人間です」と言う。

「患者さんは人生の先輩としていのちを、生きる意味を教え、力を医療者に与えてくれる。だから、亡くなっても私たちの中で生き続けている」という姿勢で対等な付き合いを心掛ける。

入院してきた人には、まず「何がしたいですか?」と尋ね、「あなたの寿命を長くすることはできません。けど、その間に良く生きられるようにします。愉快にいきましょう」と。治せないことをはっきり告げるが、「医師としてはできないけど、人間としてそばにいる。無力な人間同士、できないことを受け止め、共に苦しんで“できなさ”に付き合うのです」と語る。

各地の病院などでチャプレン活動の実績がある僧侶はスピリチュアルケアの講演で、娘を列車事故で亡くした聴講者に「寄り添うって簡単に言うな! 私たちは暗い海で溺れているんだ。一緒に溺れてくれるのか」と言われたことがある。そして「それができなければケアではないとは思わないが、一緒に溺れていると思い込むのが問題。できないことを自覚しつつ、相手の痛みと共に居続けることが大事」と悟った。

悩みながらも相手を支えることができるのは、人間は「凡夫」であり、互いに弱い存在同士であることを熟知している宗教者だからこそかもしれない。

SNSがもたらす錯覚 信頼する情報の見分け方(7月17日付)7月19日

東京都知事選で多くの人が驚き呆れたのは一部の候補者が張った選挙ポスターの非常識ぶりだ。注目を集める選挙では、泡沫候補と呼ばれる人が立候補する例はこれまでも多々あった。売名…

震災の記憶伝承 期待される若い語り部(7月12日付)7月17日

東日本大震災から年月がたっても、被災体験を風化させないために語り伝えることの重要性は増すばかりだ――。被災地の住職からこのような便りが届いた。被災者に寄り添うそんな宗教者…

問題意識共有を 医療従事者らの宗教的関心(7月10日付)7月12日

宗教者と医療やケアや福祉の関係者の交流の機会が増えている。2000年代前半に立ち上げられた団体に、仏教看護・ビハーラ学会があり、続いて、日本スピリチュアルケア学会、日本臨…

ガンダン寺のジャヴザンドルジ住職を表敬訪問した交流団

法華経解説書、蒙語に モンゴルの大学・寺訪れ贈呈 一乗思想など普及へ 日蓮宗・立正大

ニュース7月23日
空海が本尊として迎えたとされる薬師如来立像を見る来場者

東博で神護寺展開幕 寺外初公開の本尊「薬師如来立像」 修復終えた「高雄曼荼羅」など披露

ニュース7月23日
瑩山禅師を讃える香語を唱える石附貫首

【特集】大本山總持寺開山太祖瑩山紹瑾禅師700回大遠忌 「正伝の仏法」相承、全国に敷衍 一味同心で報恩の誠 法要円成800人集う

ニュース7月23日
このエントリーをはてなブックマークに追加