PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
第21回涙骨賞募集 2024宗教文化講座

未来を失う子どもたち 地球を壊す大人の責任(7月3日付)

2024年7月5日 10時12分

メッカ巡礼者が熱波で多数死亡するなど地球規模の猛暑が気候の危機を告げている。人類の生存が脅かされるのは遠い未来ではないという声さえ聞かれる中、思い起こすのは1992年にリオデジャネイロの地球サミット(国連環境開発会議)で当時12歳の少女セバン・スズキさんが行った「大人のみなさん、どうやって治すのか分からないもの(地球)を壊し続けるのはもうやめてください」と訴えたスピーチだ。世界の大人たちを5分間沈黙させたという伝説のスピーチだった。だが、大人たちは今も地球を壊し続けている。

スズキさんはカナダ在住の日系人で、友人らとつくった「子ども環境協会」代表としてサミットに臨んだ。スピーチは、大人たちへの厳しい言葉にあふれていた。

「私たち子どもが自分の未来を失うことは、あなたがた大人が選挙で負けたり、株で損したりするのとは次元の違う問題なのです」「世界中の飢えに苦しむ子どもたちの泣き叫ぶ声は、あなたがた大人の耳には届きません。行くところがなく、次々と絶滅していく数えきれないほどの生き物たちのことも同じです。だから(略)代わって私たちが話すのです」等々。そして、子どもを愛しているというのが本当なら「言葉ではなく行動で示してください」と結んだ。

曇りのない視点からの批判に、欲が渦巻く大人社会は大いにうろたえる。6年前、当時15歳のスウェーデンの少女グレタ・トゥンベリさんが「気候ストライキ」を始めた時も同様だった。

だが、少女たちの願いもむなしく世界で飢餓に苦しむ人は7億人以上ともいわれ、その多くは子どもだ。飢餓の原因は複雑だが、気候変動が影響していることは間違いない。国際自然保護連合は、人的要因で絶滅危機に陥った野生生物は4万4千種を超えたという。

たとえ無意識でも集団の行為が他者を傷つけたら、構成員は個々にその責任を分有し、解決に努める義務がある。ナチスの暴走を許したドイツ国民を例にとった「責任の社会的つながりモデル」という考え方(岩波現代文庫『正義への責任』)だが、気候危機もそのモデルにピッタリの問題のようだ。

スズキさんのスピーチは「同じ大家族の一員」なのに戦争を起こし、環境問題の深刻さにも、飢餓と飽食という不正義にも鈍感な大人たち一人一人の無責任さに憤り、子どもの未来のために行動を起こすよう求めた点にインパクトがあった。今は、その問い掛けを受け流し、ただ言葉で地球環境を語るだけで済む時代ではない。

SNSがもたらす錯覚 信頼する情報の見分け方(7月17日付)7月19日

東京都知事選で多くの人が驚き呆れたのは一部の候補者が張った選挙ポスターの非常識ぶりだ。注目を集める選挙では、泡沫候補と呼ばれる人が立候補する例はこれまでも多々あった。売名…

震災の記憶伝承 期待される若い語り部(7月12日付)7月17日

東日本大震災から年月がたっても、被災体験を風化させないために語り伝えることの重要性は増すばかりだ――。被災地の住職からこのような便りが届いた。被災者に寄り添うそんな宗教者…

問題意識共有を 医療従事者らの宗教的関心(7月10日付)7月12日

宗教者と医療やケアや福祉の関係者の交流の機会が増えている。2000年代前半に立ち上げられた団体に、仏教看護・ビハーラ学会があり、続いて、日本スピリチュアルケア学会、日本臨…

ガンダン寺のジャヴザンドルジ住職を表敬訪問した交流団

法華経解説書、蒙語に モンゴルの大学・寺訪れ贈呈 一乗思想など普及へ 日蓮宗・立正大

ニュース7月23日
空海が本尊として迎えたとされる薬師如来立像を見る来場者

東博で神護寺展開幕 寺外初公開の本尊「薬師如来立像」 修復終えた「高雄曼荼羅」など披露

ニュース7月23日
瑩山禅師を讃える香語を唱える石附貫首

【特集】大本山總持寺開山太祖瑩山紹瑾禅師700回大遠忌 「正伝の仏法」相承、全国に敷衍 一味同心で報恩の誠 法要円成800人集う

ニュース7月23日
このエントリーをはてなブックマークに追加