PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
第21回涙骨賞募集 2024宗教文化講座

平和への課題 政治に無関心ではいけない(7月5日付)

2024年7月10日 09時11分

学徒出陣で海軍に入隊して戦艦「大和」に乗り組み、沖縄戦で米機動部隊の圧倒的な襲撃の末、沈む巨艦の大渦流の中から奇蹟的に生還、『戦艦大和ノ最期』を執筆した吉田満氏は、後に「戦争協力の責任は、直接の戦闘行為あるいは、軍隊生活への忠実さだけに限定されるのではなく、みずからそのような局面まで追いつめていったすべての行動における怠慢と怯懦とを含む」と書いている。「戦争否定への不作為の責任を改めて確認することが、敗戦によって国民が真に目覚めるということであるにちがいない」という吉田氏の言葉は、平和への課題について深く考えさせる。

戦争に対する責任を、どうやって果たすべきかを考えた吉田氏は、戦争協力という責任の実体は政治動向や世論の動向に無関心のあまり破局への道を無為に見逃してきたことにあるとの結論に達した。もしこの責任を果たす道が残されているとすれば、それは自らの無力をいたずらに悔いることではなく、同じ愚をくり返さないために、戦争阻止のために為し得る限りの努力を傾けることでなければならない、と述べている。

戦争を憎むだけで戦争を阻止することはできない。戦争憎悪が平和運動の動脈となるためには、否定の力を平和への熱意として燃え上がらせる「肯定の力」が必要となる。しかし、それは平和の原理によって貫かれていなければ、平和のための戦争という矛盾に陥ってしまう。「平和」を絵空事に終わらせないためには、人間性の尊重や、真実のあくなき追求、相互信頼と協力、進歩への意欲が必要であり、それらを血肉とするところから戦争否定への道が切り開かれる、ということだ。

戦争という巨大な暴力を経験した吉田氏は、平和運動がいかに困難であるかにも言及している。その意味は、「平和への歩みそのものの中には“戦い”の要素を内包することが許されないために、それが本質的に受身であり、内向的であり、寛容であるという点にある。戦争の暴力に対して、平和運動が無力に終らないためには、受身の本質を失わないままで受身から攻勢にかわる転機を見出すことが必要となってくる」という。

戦時下においては、国家の必要は個人の存在に優先するという認識が強いられた。しかし今日私たちは、国家の意志は国民の世論によって導かれるべきものであることを理解している。そうであるなら、国家の行方を決定する政治への無関心からの脱却こそが平和への最大の課題であると言わなければならない。

SNSがもたらす錯覚 信頼する情報の見分け方(7月17日付)7月19日

東京都知事選で多くの人が驚き呆れたのは一部の候補者が張った選挙ポスターの非常識ぶりだ。注目を集める選挙では、泡沫候補と呼ばれる人が立候補する例はこれまでも多々あった。売名…

震災の記憶伝承 期待される若い語り部(7月12日付)7月17日

東日本大震災から年月がたっても、被災体験を風化させないために語り伝えることの重要性は増すばかりだ――。被災地の住職からこのような便りが届いた。被災者に寄り添うそんな宗教者…

問題意識共有を 医療従事者らの宗教的関心(7月10日付)7月12日

宗教者と医療やケアや福祉の関係者の交流の機会が増えている。2000年代前半に立ち上げられた団体に、仏教看護・ビハーラ学会があり、続いて、日本スピリチュアルケア学会、日本臨…

ガンダン寺のジャヴザンドルジ住職を表敬訪問した交流団

法華経解説書、蒙語に モンゴルの大学・寺訪れ贈呈 一乗思想など普及へ 日蓮宗・立正大

ニュース7月23日
空海が本尊として迎えたとされる薬師如来立像を見る来場者

東博で神護寺展開幕 寺外初公開の本尊「薬師如来立像」 修復終えた「高雄曼荼羅」など披露

ニュース7月23日
瑩山禅師を讃える香語を唱える石附貫首

【特集】大本山總持寺開山太祖瑩山紹瑾禅師700回大遠忌 「正伝の仏法」相承、全国に敷衍 一味同心で報恩の誠 法要円成800人集う

ニュース7月23日
このエントリーをはてなブックマークに追加