PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

人々とある暦

〈コラム〉風鐸2023年12月20日 14時36分

年の瀬が近づき新しい手帳やカレンダーを手に入れようという人も多いだろう。六曜が記されていたり、月の満ち欠けがあったり、様々なものが店頭に並ぶ◆時を刻む暦は宗教や地域の文化、伝統と密接に関係している。イエス・キリストの誕生を紀元とする西暦、日本では和暦が用いられ、1年が13カ月あるエチオピア暦などもある。南伝仏教(上座部仏教)が伝わる国々では釈尊が亡くなった年を紀元前544年と定めて仏暦を用いる◆ただ始まりの年を1(元)年とするタイやカンボジア、ラオスに対して、0年とするのがミャンマーやスリランカなど。前者は西暦に「こ(5)よ(4)み(3)」を加えて仏暦を計算できるので覚えやすい◆江戸時代、南部藩の一部で用いられたのが田山暦。本草学者・菅江真澄やシーボルトらが紹介した。農具や動物の絵で表現されることから、字が読めない農民のための暦として理解されてきた。だが近年は庶民のユーモア、独自の文化を伝えるものとされ、庚申信仰との関係も指摘されている◆暦は常に人々と共にある。今は紙ではなくデジタルで利用する人もいるだろう。月めくりで仏像と名僧の墨蹟を楽しめるのが、中外日報オリジナルの「墨跡つき仏像カレンダー」だ。仏の教えを書で味わい、荘厳な仏像を一年を通じて拝むことができる。宣伝くさくなってしまうが、お薦めしたい。(赤坂史人)

消えた象徴

2月14日

自身の栄華を満月に例えたのは平安時代の藤原道長であった。昭和の元首相にとって、あの邸宅こそ望月だったのかもしれない。1月8日、東京都文京区の田中角栄元首相邸が火災に見舞わ…

人のふり見て

2月7日

十数年ぶりだろうか。ニュースで流行は知っていたがどこか人ごとだったインフルエンザに新年早々罹患した。コロナ禍もあってここ数年、マスクや手洗いには十分気を使ってきたつもりだ…

宗教の自由

1月31日

米国には「国際宗教の自由法」があり、国務省に「国際宗教の自由局」が置かれている。毎年、国務省からは「国際宗教の自由報告書」が発表され、日本の新聞でも取り上げられることがあ…

過疎地置き去りの悲劇 東京一極集中の裏返しだ(2月21日付)

社説2月22日

災害時に即応する体制 教団のネットワークを活用(2月16日付)

社説2月20日

データ保存の問題 消されたオウム関連資料(2月9日付)

社説2月16日
このエントリーをはてなブックマークに追加