PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

ロスを生む規格

〈コラム〉風鐸2024年1月24日 13時35分

青果物には出荷団体等が等級・量目およびその基準(荷造、包装等の条件も含む)を定めた「出荷規格」があり、各県の規格基準に適合したものが流通している。規格を統一して県産青果物の評価を高め、生産および流通の合理化を図り、農業経営の安定化を目指す◆一方、産地間競争を背景とした差別化や販売先からの多様なニーズへの対応などで規格の細分化が進んだ結果、出荷に至る広範囲な作業の手間が増え、また生産者の高齢化や後継者不足による労働力の確保が困難といった状況を招いている◆農林水産省は産地の出荷関連作業の軽減化を促しているが、より根本的な問題は出荷規格に適合しない青果物の大量廃棄という「食品ロス」の現実である◆野菜の出荷規格は大きさや色・形、品質の良しあしで振り分けられる。曲がっている、キズがある、色が薄い、太さが足りないなどの規格外野菜は、ほとんどが店頭に並ぶことなく廃棄処分に回される。廃棄率は生産量の40%にも達するという◆日本の食料自給率は先進国で最低水準の38%といわれる中で「規格」という名の規制が生産者に過大な「生産ロス」を強いるのは不合理というしかない。最近は資源循環などロス削減への取り組みも見られるが、何より消費者の意識転換が必要だろう。自然由来の不揃いや僅かなキズのある「わけあり商品」に何の不服があるだろうか。(形山俊彦)

消えた象徴

2月14日

自身の栄華を満月に例えたのは平安時代の藤原道長であった。昭和の元首相にとって、あの邸宅こそ望月だったのかもしれない。1月8日、東京都文京区の田中角栄元首相邸が火災に見舞わ…

人のふり見て

2月7日

十数年ぶりだろうか。ニュースで流行は知っていたがどこか人ごとだったインフルエンザに新年早々罹患した。コロナ禍もあってここ数年、マスクや手洗いには十分気を使ってきたつもりだ…

宗教の自由

1月31日

米国には「国際宗教の自由法」があり、国務省に「国際宗教の自由局」が置かれている。毎年、国務省からは「国際宗教の自由報告書」が発表され、日本の新聞でも取り上げられることがあ…

過疎地置き去りの悲劇 東京一極集中の裏返しだ(2月21日付)

社説2月22日

災害時に即応する体制 教団のネットワークを活用(2月16日付)

社説2月20日

データ保存の問題 消されたオウム関連資料(2月9日付)

社説2月16日
このエントリーをはてなブックマークに追加