PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

宗教の自由

〈コラム〉風鐸2024年1月31日 10時53分

米国には「国際宗教の自由法」があり、国務省に「国際宗教の自由局」が置かれている。毎年、国務省からは「国際宗教の自由報告書」が発表され、日本の新聞でも取り上げられることがあるので、知る人も少なくないだろう◆宗教や信条の自由を推進することはアメリカの外交政策の「中核目的」とされている。宗教の自由擁護はアメリカの「正義」を担保する重要な理念であるとともに、非友好国を牽制する外交カードにもなる◆宗教の自由抑圧が特に深刻と見なされた国は、上記の法に基づき「特定懸念国」に指定されている。中国や北朝鮮などは常連だが、昨年にロシアがリストに追加され、今年初めに再登録された◆そのロシアも他国の宗教の自由侵害には敏感だ。ロシアが問題とするのは、モスクワ総主教庁系ウクライナ正教会(UOC)に対する迫害である。ウクライナの宗教事情に触れる紙幅はないが、同国政府が国家安全保障の見地からUOC非合法化法案を議会に提出し、3読会制の第1読会を通過した。人権侵害の懸念はもちろんウクライナ議会内にもある。一方、ロシア側はここぞとばかりにキリスト教弾圧を世界へ向けてアピールする◆宗教の自由が国際政治のカード、ハイブリッド戦争の「兵器」にも利用される。宗教・信教の自由とは何か。こうした側面も頭の中に入れておきたい。(津村恵史)

相承される思い

6月12日

曹洞宗大本山總持寺を開いた太祖瑩山紹瑾禅師の700回大遠忌の本法要が無魔成満した。21日間にわたる本法要期間中、全国各地から多くの宗侶や檀信徒が總持寺を参拝し、正伝の仏法…

鼻つまむ一茶

6月5日

生涯で2万句以上を詠んだという小林一茶の俳句には、小さな生き物への慈しみを感じさせるものが少なくない。代表句「雀の子そこのけそこのけお馬が通る」「やれ打つな蝿が手をすり足…

岡目八目

5月29日

TVやネット配信による将棋観戦は近年、AIによる評価値の表示が導入されたことで大きく様変わりした。AIが盤面を瞬時に判断し、有望な候補手を示したり、どちらが勝勢かを一目で…

同性カップル「祝福」 宗教的対立はらむ生命倫理(6月7日付)

社説6月12日

故郷への思いが力に 被災地に寄り添う支え(6月5日付)

社説6月7日

性差への認識 曹洞宗の意識調査が示す現実(5月31日付)

社説6月5日
このエントリーをはてなブックマークに追加