PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

宗教の自由

〈コラム〉風鐸2024年1月31日 10時53分

米国には「国際宗教の自由法」があり、国務省に「国際宗教の自由局」が置かれている。毎年、国務省からは「国際宗教の自由報告書」が発表され、日本の新聞でも取り上げられることがあるので、知る人も少なくないだろう◆宗教や信条の自由を推進することはアメリカの外交政策の「中核目的」とされている。宗教の自由擁護はアメリカの「正義」を担保する重要な理念であるとともに、非友好国を牽制する外交カードにもなる◆宗教の自由抑圧が特に深刻と見なされた国は、上記の法に基づき「特定懸念国」に指定されている。中国や北朝鮮などは常連だが、昨年にロシアがリストに追加され、今年初めに再登録された◆そのロシアも他国の宗教の自由侵害には敏感だ。ロシアが問題とするのは、モスクワ総主教庁系ウクライナ正教会(UOC)に対する迫害である。ウクライナの宗教事情に触れる紙幅はないが、同国政府が国家安全保障の見地からUOC非合法化法案を議会に提出し、3読会制の第1読会を通過した。人権侵害の懸念はもちろんウクライナ議会内にもある。一方、ロシア側はここぞとばかりにキリスト教弾圧を世界へ向けてアピールする◆宗教の自由が国際政治のカード、ハイブリッド戦争の「兵器」にも利用される。宗教・信教の自由とは何か。こうした側面も頭の中に入れておきたい。(津村恵史)

トイレ問題

2月28日

能登半島地震の取材で2日間、金沢市から珠洲市までを往復した。車で片道4時間かかり、不安になったのはトイレ問題だ。珠洲市は断水が続き復旧は遅い地域で4月以降になると見込まれ…

消えた象徴

2月14日

自身の栄華を満月に例えたのは平安時代の藤原道長であった。昭和の元首相にとって、あの邸宅こそ望月だったのかもしれない。1月8日、東京都文京区の田中角栄元首相邸が火災に見舞わ…

人のふり見て

2月7日

十数年ぶりだろうか。ニュースで流行は知っていたがどこか人ごとだったインフルエンザに新年早々罹患した。コロナ禍もあってここ数年、マスクや手洗いには十分気を使ってきたつもりだ…

AI技術暴走の危惧 宗教界からの倫理提唱(2月28日付)

社説3月1日

瞬発力ある災害支援 日常からの行いが奏効(2月23日付)

社説2月28日

過疎地置き去りの悲劇 東京一極集中の裏返しだ(2月21日付)

社説2月22日
このエントリーをはてなブックマークに追加