PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

山上被告のツイートから事件に迫った政治学者 五野井郁夫さん(44)

ほっとインタビュー2023年9月21日 09時24分
山上被告のツイートから事件に迫った政治学者 五野井郁夫さん ごのい・いくおさん=1979年生まれ。上智大卒。東京大大学院総合文化研究科国際社会科学専攻博士課程修了。立教大助教を経て、高千穂大経営学部教授に。専門は政治学、国際関係論、平和研究。著書に『「デモ」とは何か―変貌する直接民主主義』(NHK出版、2012年)など。3月に池田香代子氏との共著『山上徹也と日本の「失われた30年」』(集英社インターナショナル)が出版された。

安倍晋三・元首相を銃撃した山上徹也被告(43)が2019年から事件直前の22年6月まで投稿したツイート1364件を解析した。山上被告が「失われた30年の犠牲者」との見方を示し、事件はどうすることもできない境遇を自己責任論で突破しようとした末の悲劇だった可能性を指摘する。

岩本浩太郎

山上被告のツイートを解析しようと思われたのはなぜですか。

五野井 安倍元首相銃撃事件が起きた直後、これは一種のテロであり、民主主義の敵だという報道が多くなされました。しかし、犯人の風貌からしてむしろ何も失うものがない人が一種の「無敵の人」と化して起こした凶行との印象を受けました。

本当のところはどうなのかと思い、山上氏のツイッターアカウント(「silent hill333」)のツイートを全て読み込むことにしました。分析してみると、もちろん主たる犯行動機は旧統一教会に対する恨みです。家族や自分の人生をずたずたにされたことへの復讐として犯行に至ったことは明らかでした。ただ、同時に彼はロスジェネ世代であり、失われた30年の犠牲者だったのではないかと思いました。

どういうことですか。

五野井 旧統一教会に人生を台無しにされた被害者は事件以前にも無数にいます。しかし、誰一人として山上被告のような犯行に至らなかった。犯行を思いとどまらせるセーフティーネットのようなものがあったからだと思うんです。それは様々な人間関係かもしれませんし、家族かもしれない。あるいは仕事だったかもしれません。裏を返せば、山上被告にはそういう社会的紐帯がほとんどなかった。犯行直前に手紙を託したのは身近な人ではなく、旧統一教会の問題を追い続けていたジャーナリストでした。

私もロスジェネ世代ですが、この世代の特徴は自己責任論が強いことです。自分がうまくいっていないのは自身の努力が足りないせいだと思い込みやすい。山上被告は優秀な高校を卒業し、難しい資格を次々と取っていく。家族を救うために自身に保険金をかけて自殺未遂まで起こしている。その行動力故に手製拳銃の作り方を自分で調べて実行してしまうところにたどり着く。全て自分一人で抱え込み、一人でできてしまうところに彼の悲劇性を感じざるを得ません。

山上被告のツイートにはエリートに対する期待を感じさせる箇所がありますね。

五野井 エリートに対する期待はあったでしょうね。22年1月に「恵まれた者、…

つづきは2023年9月13日号をご覧ください

「WEターン」を提唱する哲学者 出口康夫さん

「WEターン」を提唱する哲学者 出口康夫さん

3月22日

「できること」を基軸にした西洋哲学の人間観に対する新たな立場として「できなさ」に焦点を当てた「WEターン」を提唱する。私単独の行為はあり得ず、全ては「我々(WE)」の行為…

仏教や日本の祭礼を描き続ける水墨画家 傅益瑶さん

仏教や日本の祭礼を描き続ける水墨画家 傅益瑶さん

2月21日

中国と日本、両国の文化や歴史、芸術への造詣を深めてきた。その傍らには常に父の言葉や教えがあり、多くの師との出会いを経て、自らの水墨画の技法を確立。東京都立川市にアトリエを…

子ども食堂を支援する社会活動家 湯浅誠さん

子ども食堂を支援する社会活動家 湯浅誠さん

1月25日

全国こども食堂支援センター・むすびえを2018年に設立し、子ども食堂の普及に努める。子どもが主な対象の無料もしくは低額の食堂だが、様々な人が集まる地域コミュニティーの土壌…

人生の学び 大事なのは体験で得た知恵(4月12日付)

社説4月17日

震災犠牲者名の慰霊碑 一人一人の命見つめる(4月10日付)

社説4月12日

ケア活動の意義 宗教者の貢献を見直す(4月5日付)

社説4月10日
このエントリーをはてなブックマークに追加