PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
第21回涙骨賞募集 2024宗教文化講座

国宝化へコツコツと

日蓮宗本山妙成寺 藤井教公貫首(74)

ひと2023年9月8日 09時53分
国宝化へコツコツと

石川県羽咋市の本山妙成寺に晋山が決まった。五重塔をはじめ伽藍10棟が重要文化財で、県内初の国宝建造物にとの機運が高まる中での就任だ。仏教学研究者として蓄積した知見と温厚な人柄で寺門興隆に努めていく。

自坊は東京・小伝馬町の身延別院。故藤井日光・先代住職(総本山身延山久遠寺91世法主)も妙成寺貫首を務めた。1973年の冬、師匠の仮入山に同行した時のことが思い出深い。煎餅布団は湿気で重く、雨戸の外からドスンと雪の落ちる大きな音が何度も響いた。やっと布団が温まりかけた頃に朝勤で起き、本堂で読経する師匠の背中は雪で白くなっていた。

東京大大学院博士課程を満期退学後、北海道大などで教授を務めた。専門は中国天台教学、日本法華思想史。現在も国際仏教学大学院大学長、中村元東方研究所理事長の職にあるが、僧侶としての報恩の思いから二足のわらじを決断した。

妙成寺は加賀藩前田家の厚い外護で隆盛を極め、江戸時代初期に七堂伽藍が完成。日蓮宗伝統の「三堂並置」が当時のまま残る唯一の寺院であり、宗門初の国宝建造物を期待する声も強い。しかし檀家は約50軒。昨秋には五重塔の屋根に穴が見つかった。近年は地元自治体の石川県・羽咋市とも国宝化運動に力を入れ始めている。

「お参りされれば聖なるものを素直に信じる心が生じると思う。まずは情報発信してお寺を知ってもらい、寺子屋や講演会などで何度も足を運んでいただき、多くの方が支えてくださるようにしたい。できることをコツコツやっていくだけ」。晋山式は来春行われる。

(有吉英治)

特色出し社会に存在感

立正大学学園 生駒雅幸理事長

6月26日

9学部1万人の学生が学ぶ立正大や付属中高を運営する立正大学学園の理事長に就任して3カ月。毎日出勤し大学の現状や課題を学び、分厚い学園規則集にも目を通す日々だ。私立大を取り…

意見出し合える宗門に

浄土真宗本願寺派 荻野昭裕総長

4月24日

3月8日に浄土真宗本願寺派総長に就任した。新しい「領解文」(浄土真宗のみ教え)を巡る問題や賦課基準の見直しなど多くの課題を抱える中で「現場と密に連携し、一つ一つ対応してい…

法流守るために革新を

真言宗醍醐派総本山醍醐寺 壁瀬宥雅座主

2月16日

昨年12月8日に醍醐寺(京都市伏見区)の座主に就任した。今年11月の開創1150年慶讃法要に向けて「派手な記念事業があるわけではないが、法要の中身にはこだわりたい」と意気…

震災の記憶伝承 期待される若い語り部(7月12日付)

社説7月17日

問題意識共有を 医療従事者らの宗教的関心(7月10日付)

社説7月12日

平和への課題 政治に無関心ではいけない(7月5日付)

社説7月10日
このエントリーをはてなブックマークに追加