PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

コロナ禍から学ぶ 対面状況のアフォーダンス(10月11日付)

2023年10月13日 09時48分

コロナ禍がようやく収まりを見せ、宗教活動を含め、多くの社会活動に以前のような活気がもたらされ始めた。そうした中に「コロナが終息しても、コロナ以前の状態には戻らない」といった言い方を、よく耳にするようになった。

会議や集会などは、コロナ禍の中で新たな形態が生まれた。例えば「ズーム」は、2013年にサービスが開始された。日本ではコロナ以前は知る人もわずかだったが、20年代には企業や大学などで広く用いられるようになった。ほかにも「チームズ」などウェブ会議用のツールが多く広まった。

これらは今も使用され続けている。その意味で、コロナ以前には戻らないという言い方は当てはまる。しかし、技術面だけを言っているのではなかろう。対面とオンラインのそれぞれが、人間に異なった作用をすることが広く認知されるようになった。各種の集まりの持つ意味は、形式だけでは測れないもっと奥深い問題がある。

宗教界もオンライン方式を経験したことで、対面でなければ伝わらないことは何かを改めて考える人が増えたようだ。当たり前と思っていたことへの新たな気付きである。特に重要なのは教会、寺院、布教所、道場等の宗教施設で、人々が集う際に無意識のうちに得られているのは何かである。

これはアフォーダンス理論が参考になる。アフォーダンスは環境が人間にもたらす無意識的な影響の理解のため、「与える」「提供する」を意味する英語「アフォード」を基に米国の心理学者ギブソンがつくった語だ。

それぞれの宗教施設の形状や室内の配置は、宗教の集まりにふさわしいものになっている。集まった人が椅子に座るのか、畳に座るのか、どんなふうに互いが向き合うのか。それぞれの宗教施設の造りによって、集まった人が得られる感覚は異なり、自然と誘発される行動にも違いが出る。滑らかで適当な高さの台は、座ることへとアフォードする。車座は互いの顔を眺めることをアフォードする。

オンラインでの集まりでは失われてしまうアフォーダンスが、対面の集まりには潜在的に存在している。対面状況で得られる何が大切であったか考えるきっかけを、オンラインのみの集まりを余儀なくされた経験が与えた。それを考えることは「コロナ以前には戻らない今の」状況に積極的に向かい合う姿勢につながる。対面の集まりの場は多様なアフォーダンスに満ちている。注意深くあれば、集まった人たちが無意識に発するメッセージもつかめる。集いの場から得られるものも豊かになろう。

過疎地置き去りの悲劇 東京一極集中の裏返しだ(2月21日付)2月22日

普段は気付かない理不尽な世のありようが災害時に可視化されるという経験則が、能登半島地震でも顕著に表れた。被害の深刻さが判明するのに日数を要し、従って被災者救援の初動も遅れ…

災害時に即応する体制 教団のネットワークを活用(2月16日付)2月20日

宗教教団、特に伝統仏教は全国レベルの組織を持ち、能登半島地震でもそうであったように、災害時にそれを活用することは大きな意義がある。福島県いわき市・阿弥陀寺の馬目一浩副住職…

データ保存の問題 消されたオウム関連資料(2月9日付)2月16日

図書館や博物館、大学などでデジタルアーカイブの構築が進んでいる。技術の進歩で、文字情報だけでなく画像や動画もデジタル化し、画素数をさほど劣化させない状態で保存が可能になっ…

総長演説に立つ服部秀世宗務総長

ホテル事業、外部委託検討 曹洞宗議会で総長方針示す 建て替えの必要性も指摘

ニュース2月22日

新しい「領解文」焦点に 本願寺派宗会28日に招集 賦課基準なども議論

ニュース2月22日

新しい「領解文」 「宗派学習会での意見公開を」委員から要望の声 本願寺派常務委予算補正など承認

ニュース2月21日
このエントリーをはてなブックマークに追加