PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

変わり果てた故郷 飯舘の帰還困難区域解除(10月13日付)

2023年10月18日 09時40分

東日本大震災に伴う東電福島第1原発の事故で長く帰還困難区域だった福島県飯舘村長泥地区の一部で、今年5月に避難指示が解除された。だが、村にずっと居残り住民の気持ちを支えた綿津見神社の多田宏宮司の案内で12年ぶりに立ち入ることができた山間の里は変わり果てていた。

事故で飛散した超高濃度の放射性汚染物質が山を越えて降り注いだ同地区は、生活に危険な高放射線量のためバリケードで封鎖され、74世帯280人余りの住民は家も土地も捨てて長年避難を強いられた。山中の国道の撤去されたゲート跡を越えて入った集落は、この9月になっても人影はなく、荒れ果てた田畑の間に朽ち果てた民家が見えた。長年無人だった住宅は10軒を残して取り壊された。

目立つのは多数の重機や工事用車両、作業用の更地。実は解除されたのは特別措置法に基づき指定された「特定復興再生拠点区域」で、除染で出た汚染土などを埋めて農地造成に使うのを前提とした事業が国の主導で進められているのだ。帰還を諦めかけていた住民は、避難解除にいちるの望みをかけ、この“交換条件”を苦渋の決断で受け入れた。

だがそれも地区面積のわずか5分の1。避難で牛を手放した酪農家もおり、元の生活は到底望めない。故郷に戻りたい気持ちは皆同じだが、村が居住人口目標を「約180人」とする中で現状、帰還準備宿泊に登録したのはたった数人だ。

地区中央には、真新しい「長泥コミュニティーセンター」が際立つ。「復興拠点」として開設され、帰還しなくても農作業などに通う住民の宿泊にも供される。だが、居合わせた元区長の農業、鴫原良友さんは「建物が立派でも誰も来ん」と唇をかんだ。遠く避難先の福島市内に新居を構えたため、除染のため解体した自宅の再建は困難。花卉栽培が盛んで「花の長泥」と呼ばれた故郷を再生しようと、たびたび地区に入って仲間と花植えもしてきたが前途は不透明だ。

公設の復興住宅はなかなかできず、「通い帰還」などという矛盾した表現が住民の口から出る。残る地区の除染には膨大な手間と費用がかかり、「全て税金では公共事業のようで問題。原因を作った東電に出費させるべきだ」との論議が出るのも当然だろう。

多田宮司が兼務し、避難中に荒廃した社殿を最近再建した白鳥神社の丘からは、重機の動き回る広大な造成地が見える。かねて「原発は人間の過ち」と批判してきた宮司は終始険しい表情だった。

AI技術暴走の危惧 宗教界からの倫理提唱(2月28日付)3月1日

Chat GPTや画像生成などAIは私たちの日常生活にも存在感を高めている。最近は入力した言語からリアルな画像を生成できる機能が話題になった。今のところ、利便性の向上が注…

瞬発力ある災害支援 日常からの行いが奏効(2月23日付)2月28日

今なお多くの被災者が避難や悲惨な生活を余儀なくされている能登半島地震。現地に行くと、様々な宗教者たちの支援活動が活発だ。東日本大震災のように遺体安置所での弔い活動があまり…

過疎地置き去りの悲劇 東京一極集中の裏返しだ(2月21日付)2月22日

普段は気付かない理不尽な世のありようが災害時に可視化されるという経験則が、能登半島地震でも顕著に表れた。被害の深刻さが判明するのに日数を要し、従って被災者救援の初動も遅れ…

執務方針演説を行う池田総長

本願寺派新しい「領解文」 唱和推進、事実上撤回 「宗門の混乱長引く」と総長 拝読・唱和は寺院ごとの判断へ 定期宗会演説で言及

ニュース3月1日
園城議長㊨に署名を手渡した「考える会」の運営メンバーら

新しい「領解文」 唱和推進即時停止を 本願寺派有志、9106人の署名提出

ニュース3月1日

寮員・相馬勧学が辞表提出 「同意した責任を痛感」 本願寺派新しい「領解文」

ニュース2月29日
このエントリーをはてなブックマークに追加