PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

危うい抑止論 被爆国こそ平和の先導者に(11月29日付)

2023年12月1日 14時18分

世界は今、かつてないほど平和を希求しながら実現の方途を見いだせないむなしさに覆われている。我が国では自衛力の強化と反撃能力の獲得という「抑止力」の議論が繰り返されるが、ウクライナやパレスチナ、イスラエルで私たちが目にしているのは、敵の脅威を上回る威力を示して戦闘がエスカレートする現実である。

「抑止力」とは、敵対勢力の脅威から自国を守るための手段として、相手に脅威を与える武力を保持し対抗措置とする、力に対し力で応じる力学である。戦闘行為を誘発する目的はなくとも、対抗する力を示すことで相手を挫く効果を期待する。だが実際は、敵の武力を上回る武力で相手を制圧するまで応酬はやむことがない。

ロシアのウクライナ侵攻で国連の機能不全がクローズアップされた。激しい攻防が続く中で、今度はイスラム組織ハマスとイスラエル軍の大規模な戦闘が始まり、民間人の犠牲が拡大し続けている。国連のグテーレス事務総長は、国際人道法の明らかな違反行為がなされていると、ハマス、イスラエル双方を強く非難し即時停戦を訴えたが、当事国の反発を招くに至っている。

自国への非難決議案に対しロシアが拒否権を行使した問題について、イエール大のポール・ケネディ教授は「拒否権は大国を国連にとどめておくために生まれたものだ。ソ連のグロムイコ外相がこれを求めた歴史がある。いわばサーカスのテントに猛獣をとどめるための方策である。拒否権はこれまで米ソ両大国が繰り返し発動してきた」と発言している。

第2次世界大戦後、新たな世界秩序を構成する国際連合の組織図を描いた連合国は、常任理事国の拒否権という形で自らの利益保護を図ったというわけだ。こうした状況の中で、核の脅威や戦争の危機を回避するために何ができるだろうか。東西冷戦下でキューバ危機と呼ばれた米ソ両国の一触即発の緊迫情勢に対して、ケネディ米大統領がソ連のフルシチョフ首相との対話を求めて書簡を交わし、間一髪のところで核戦争誘発の事態を回避した歴史がある。

力の誇示、あるいは武力による威圧を手段としない平和主義や非暴力の主張は、非現実的な理想主義として否定的に受け止められる傾向が強い。しかし「抑止力」という曖昧な政治的力学で現実を一層危険な状態に導くより、武力によらない平和を掲げ貫くことの方が、実は人々の心を動かす大きな力となる。平和のリーダーたる資格を持つ被爆国こそは、抑止論からの脱却を先導すべきだろう。

過疎地置き去りの悲劇 東京一極集中の裏返しだ(2月21日付)2月22日

普段は気付かない理不尽な世のありようが災害時に可視化されるという経験則が、能登半島地震でも顕著に表れた。被害の深刻さが判明するのに日数を要し、従って被災者救援の初動も遅れ…

災害時に即応する体制 教団のネットワークを活用(2月16日付)2月20日

宗教教団、特に伝統仏教は全国レベルの組織を持ち、能登半島地震でもそうであったように、災害時にそれを活用することは大きな意義がある。福島県いわき市・阿弥陀寺の馬目一浩副住職…

データ保存の問題 消されたオウム関連資料(2月9日付)2月16日

図書館や博物館、大学などでデジタルアーカイブの構築が進んでいる。技術の進歩で、文字情報だけでなく画像や動画もデジタル化し、画素数をさほど劣化させない状態で保存が可能になっ…

総長演説に立つ服部秀世宗務総長

ホテル事業、外部委託検討 曹洞宗議会で総長方針示す 建て替えの必要性も指摘

ニュース2月22日

新しい「領解文」焦点に 本願寺派宗会28日に招集 賦課基準なども議論

ニュース2月22日

新しい「領解文」 「宗派学習会での意見公開を」委員から要望の声 本願寺派常務委予算補正など承認

ニュース2月21日
このエントリーをはてなブックマークに追加