PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

問われる「当事者性」 障がい者問題描く映画で(12月6日付)

2023年12月8日 11時29分

相模原市の重度障がい者施設「津久井やまゆり園」で入所者が殺傷された事件を題材にした映画「月」が論議を広げている。事件を単に追わず、犯人は決して飛び抜けて特異でなく人の心には「役に立たない者」の排除という優生思想の芽が多少なりとも潜むという指摘をテーマとするドラマだ。

ごく「普通」ながら後に凶行に走る施設の男性職員が主人公の女性職員に「障がい者はいらない」、妊娠した女性の出生前診断も絡めて「あなたも、普通の子供じゃなかったら嫌でしょ?」と口走る。だが同時に、「見たくない現実から誰もが目をそらしている」などと一面では正しさを含む台詞が、悲惨でどろどろした面もある人間の現実をよそに口先の美辞麗句を並べるような態度を指弾し、観賞者に鋭い刃を突き付ける。

障がい者問題に限らず、いのちが絡む様々な社会的問題で「絵空事」のうそをつくな、現実に向き合って考え行動せよという主張は間違ってはいない。監督は職員の役を「共感を抱くように作った」といい、誰の中にも潜む危険性の芽に「人ごとじゃない」と気付かせる製作手法としては至極全うだ。しかしである。それまで「きれいごと」で生きてきた職員が施設の「現実」に直面して考えを転換する過程の描き方には強烈な違和感があると言わざるを得ない。

「現実」の一つは、居室に鍵を掛けて隔離されている障がいの重い男性患者。患者は室内で暴れ、ある時糞尿まみれで尋常ではない行為を続けているのを目撃した職員は衝撃を受け、その場を去るのだ。「おぞましい!」と言わんばかりのシーンの描き方である。

だが、当たり前だがこの患者も人間だ。彼の家族ならこういう時に「おぞましい」と逃げるだろうか。映画のシーンを障がい者自身が見たらどう感じるだろうか。他の「明るい」入所者に比べてこの患者は人格がほとんど描かれていない。このシーンで職員の頭の中の「おぞましい」感情に共感すれば、彼が障がい者への嫌悪に転じ排除に至るその先にまで「共感」してしまう危惧を拭えないのだ。

「人ごとではなく当事者たれ」という映画の指摘が映画自体にも当てはまってしまっているのではないか。重度心身障がい児を育てる親の団体代表の母親は、そもそも施設職員ならこういう状況にも歯を食いしばって向き合う覚悟を少しでも持っているのが普通ではないか、と語る。障がいのある義姉を持った相模原のある寺院住職は「役に立つかどうかで人間を区別する社会を変えねば」との思いで事件犠牲者の供養を続ける。

AI技術暴走の危惧 宗教界からの倫理提唱(2月28日付)3月1日

Chat GPTや画像生成などAIは私たちの日常生活にも存在感を高めている。最近は入力した言語からリアルな画像を生成できる機能が話題になった。今のところ、利便性の向上が注…

瞬発力ある災害支援 日常からの行いが奏効(2月23日付)2月28日

今なお多くの被災者が避難や悲惨な生活を余儀なくされている能登半島地震。現地に行くと、様々な宗教者たちの支援活動が活発だ。東日本大震災のように遺体安置所での弔い活動があまり…

過疎地置き去りの悲劇 東京一極集中の裏返しだ(2月21日付)2月22日

普段は気付かない理不尽な世のありようが災害時に可視化されるという経験則が、能登半島地震でも顕著に表れた。被害の深刻さが判明するのに日数を要し、従って被災者救援の初動も遅れ…

執務方針演説を行う池田総長

本願寺派新しい「領解文」 唱和推進、事実上撤回 「宗門の混乱長引く」と総長 拝読・唱和は寺院ごとの判断へ 定期宗会演説で言及

ニュース3月1日
園城議長㊨に署名を手渡した「考える会」の運営メンバーら

新しい「領解文」 唱和推進即時停止を 本願寺派有志、9106人の署名提出

ニュース3月1日

寮員・相馬勧学が辞表提出 「同意した責任を痛感」 本願寺派新しい「領解文」

ニュース2月29日
このエントリーをはてなブックマークに追加