PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

際立つ命の軽さ 人道主義が崩れていく(12月8日付)

2023年12月13日 12時47分

パレスチナ自治区ガザ地区の親たちは自分の子が殺害された時、見分けがつくように、子の足に名前を記していると外電(米国CNN)が報じていた。イスラエルの激しい爆撃で、我が子がいつ犠牲になるか分からないからという。爆撃のむごさは吹き飛ばされた住居群の写真や「散乱する遺体、重傷の子ども、泣き叫ぶ女性…」と記事の見出しだけで想像がつく。

ガザの死者は1万5千人を超えて増え続け、その4割以上は子どもという。負傷で四肢を切断された子どもが700~900人に上るという医師の証言も報道された。マスメディアが好む「報復の連鎖」などという常とう句では、紛争の実相は見えてこない。

武力紛争時でも人道主義を原則に、紛争当事者を規制する諸法規を国際人道法と呼ぶ。文民や医療関係を直接、攻撃対象にし、また文民を飢餓に追い込むことなどは許されない。文民や住宅など民用物に過度の被害を与える均衡性を欠いた攻撃も無差別攻撃の一つで禁止される。一口に、人々を無用の犠牲と苦痛にさらすことを厳に戒めるルール集といえようか。

イスラム組織ハマスの大量殺人と人質奪取は弁解の余地のない戦争犯罪だが、人質交渉を棚上げしたイスラエルの攻撃も「ジェノサイド」化しているといわれるほどためらいがない。自衛権行使の域をはるかに超えた戦争犯罪だ。

国際人道法のルーツは敵味方の区別なく人々を救護する国際赤十字運動とされ、その提唱者アンリ・デュナンは第1回ノーベル平和賞を受賞した。国際社会は赤十字の理念に沿い人道の原則を磨き上げ、先の大戦後に今の内容を固めた。だが、反ユダヤ主義ととられるのを恐れてか、米欧諸国はイスラエル支持に偏り、築き上げた人道主義を自ら破壊する深い自己矛盾に陥っている。国連のグテレス事務総長がパレスチナの状況を「人類の危機」と言った意味が、その文脈で考えればよく分かる。

ガザとヨルダン川西岸を56年間も占領支配下に置くイスラエルはガザの封鎖政策や西岸での分離壁建設、ユダヤ人入植地の増殖など数々の国際法違反を指摘されてきた。アムネスティ・インターナショナルなどはそれを「アパルトヘイト」とするが、現在、西岸でもユダヤ人入植者による土地強奪などの暴力は絶えることがない。

歴史をたどると欧州でのユダヤ人差別、イスラエル誕生、パレスチナ人排除は全て共生を拒む人の心から生じている。この「非寛容の連鎖」を断たなければ、人類は永久に弱肉強食を続けるしかない。

同性カップル「祝福」 宗教的対立はらむ生命倫理(6月7日付)6月12日

同性愛カップルに対する祝福の可否という問題を含むバチカン教理省の宣言「フィデューシア・サプリカンス」は発表以来半年たっても反響はなお静まらない。 カトリック内部にもジェン…

故郷への思いが力に 被災地に寄り添う支え(6月5日付)6月7日

故郷への思い、同郷人とのつながりが、災害時には大きな支えとなることが多い。困難な状況が長引く能登半島地震でも、例えば近畿一円に居住する石川県珠洲市出身者の「関西珠洲会」が…

性差への認識 曹洞宗の意識調査が示す現実(5月31日付)6月5日

曹洞宗宗務庁のSDGs推進委員会が宗議会議員や宗務庁役職員、青年会員ら宗門関係者を対象に実施したジェンダーに関する意識調査の結果、宗門内にジェンダーバイアス(性別・性差に…

行政の対応の在り方や他国との比較、宗教法人法や新法の解釈など幅広く議論するパネリスト

宗教法学会シンポ 法規制と信教の自由議論 行政対応や海外事例テーマに

ニュース6月13日
大谷派参議会 同朋会運動・能登復興問う 改選初の招集 代表・一般質問 議長には加藤氏選出

大谷派参議会 同朋会運動・能登復興問う 改選初の招集 代表・一般質問 議長には加藤氏選出

ニュース6月13日
真言宗寺院の管長晋山式で挨拶する門川氏(市長在任中)

教師志し金光教学院へ 前京都市長「悩める人救いたい」

ニュース6月13日
このエントリーをはてなブックマークに追加