PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

際立つ命の軽さ 人道主義が崩れていく(12月8日付)

2023年12月13日 12時47分

パレスチナ自治区ガザ地区の親たちは自分の子が殺害された時、見分けがつくように、子の足に名前を記していると外電(米国CNN)が報じていた。イスラエルの激しい爆撃で、我が子がいつ犠牲になるか分からないからという。爆撃のむごさは吹き飛ばされた住居群の写真や「散乱する遺体、重傷の子ども、泣き叫ぶ女性…」と記事の見出しだけで想像がつく。

ガザの死者は1万5千人を超えて増え続け、その4割以上は子どもという。負傷で四肢を切断された子どもが700~900人に上るという医師の証言も報道された。マスメディアが好む「報復の連鎖」などという常とう句では、紛争の実相は見えてこない。

武力紛争時でも人道主義を原則に、紛争当事者を規制する諸法規を国際人道法と呼ぶ。文民や医療関係を直接、攻撃対象にし、また文民を飢餓に追い込むことなどは許されない。文民や住宅など民用物に過度の被害を与える均衡性を欠いた攻撃も無差別攻撃の一つで禁止される。一口に、人々を無用の犠牲と苦痛にさらすことを厳に戒めるルール集といえようか。

イスラム組織ハマスの大量殺人と人質奪取は弁解の余地のない戦争犯罪だが、人質交渉を棚上げしたイスラエルの攻撃も「ジェノサイド」化しているといわれるほどためらいがない。自衛権行使の域をはるかに超えた戦争犯罪だ。

国際人道法のルーツは敵味方の区別なく人々を救護する国際赤十字運動とされ、その提唱者アンリ・デュナンは第1回ノーベル平和賞を受賞した。国際社会は赤十字の理念に沿い人道の原則を磨き上げ、先の大戦後に今の内容を固めた。だが、反ユダヤ主義ととられるのを恐れてか、米欧諸国はイスラエル支持に偏り、築き上げた人道主義を自ら破壊する深い自己矛盾に陥っている。国連のグテレス事務総長がパレスチナの状況を「人類の危機」と言った意味が、その文脈で考えればよく分かる。

ガザとヨルダン川西岸を56年間も占領支配下に置くイスラエルはガザの封鎖政策や西岸での分離壁建設、ユダヤ人入植地の増殖など数々の国際法違反を指摘されてきた。アムネスティ・インターナショナルなどはそれを「アパルトヘイト」とするが、現在、西岸でもユダヤ人入植者による土地強奪などの暴力は絶えることがない。

歴史をたどると欧州でのユダヤ人差別、イスラエル誕生、パレスチナ人排除は全て共生を拒む人の心から生じている。この「非寛容の連鎖」を断たなければ、人類は永久に弱肉強食を続けるしかない。

過疎地置き去りの悲劇 東京一極集中の裏返しだ(2月21日付)2月22日

普段は気付かない理不尽な世のありようが災害時に可視化されるという経験則が、能登半島地震でも顕著に表れた。被害の深刻さが判明するのに日数を要し、従って被災者救援の初動も遅れ…

災害時に即応する体制 教団のネットワークを活用(2月16日付)2月20日

宗教教団、特に伝統仏教は全国レベルの組織を持ち、能登半島地震でもそうであったように、災害時にそれを活用することは大きな意義がある。福島県いわき市・阿弥陀寺の馬目一浩副住職…

データ保存の問題 消されたオウム関連資料(2月9日付)2月16日

図書館や博物館、大学などでデジタルアーカイブの構築が進んでいる。技術の進歩で、文字情報だけでなく画像や動画もデジタル化し、画素数をさほど劣化させない状態で保存が可能になっ…

宗教教団の公共性について解説する大谷教授

宗教教団の「公共性」とは 国際宗教研70周年シンポ 社会との関わり議論

ニュース2月27日
参列者と共に祈願する山伏ら

除災招福を祈願 出羽三山神社・大江戸山伏勧進 通常開催は4年ぶり

ニュース2月27日
施政方針演説で「効率的で無駄のない遠諱事業を目指す」と語る野口宗務総長

「微妙大師遠諱事業、効率的に」 野口総長表明 10億円予算案上程 妙心寺派定宗 議長・細川氏、副議長・石川氏

ニュース2月26日
このエントリーをはてなブックマークに追加