PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

脳死臓器提供1千件 なおコンセンサス未確立(12月13日付)

2023年12月15日 11時04分

1997年10月に臓器移植法が施行されてから26年余。国内での移植は脳死でないと実施できない心臓や肺、肝臓で800件に達した。この数字を、「それだけの患者が救われた」と見るか、「それだけのいのちが判定によって死とされた」と受け止めるかは、宗教界そして宗教者にとっても重い問題である。

実は脳死からの臓器提供自体は既に千件を超えた。しかし臓器の状態の問題など主に医学的な事情から、うち9件は移植に至らなかった。この点は当初から続く課題であり、また脳死判定・臓器摘出ができる大学病院など「提供医療施設」約900カ所の中、半数が判定医師不在など「体制が整っていない」と日本臓器移植ネットワークの調査に答えている。

移植を実施する側の医療機関も心臓・肺では11カ所と限られ、加えて提供者の絶対的不足という事情から提供も移植実施も欧米などよりも非常に少ない。今も海外での手術が続き、中には違法斡旋で事件になるケースもある。

だがより根本的な問題は、法が移植に関して「人の死」とした脳死が本当にいのちの終わりと言えるのか、国民のコンセンサスが未だ確定したわけではないことだ。現に2021年に内閣府が実施した世論調査では、脳死になった場合などの臓器提供の意思表示をしているのはわずか10%だった。

1999年の1例目の脳死臓器移植の取材に携わった際、当初は「愛の贈り物」「命のバトン」とレシピエント(患者)側の視点に立って讃える姿勢が目立ったのが、脳死判定に問題はないのか、ドナー(提供者)側の悲しみは、という観点から美談仕立て一辺倒の報道にブレーキがかかった。しかし当時、いのちの専門家であるはずの宗教者のコメントはメディアにはほとんど求められなかった。

その後は宗教界を対象にしたアンケートも実施され、主な教団は知見に基づき教学も踏まえて見解を示すようになった。釈迦の「捨身飼虎」を引いて「臓器提供は菩薩行」とする姿勢の一方、「人体をパーツのようにやりとりするのは問題」「手足を失っても生きた人間であり続けるのに脳が駄目になったらそうではないのか」と脳死を死とすることを批判する意見も多い。移植に反対の意思表示のための「ノンドナーカード」を発行する教団もある。

宗教界で見解を統一することにはならないだろうが、いのちの専門家であるなら個々の宗教者も、例えば檀家や信者の家族がその事態に直面した際にしっかり問いに答えることが求められよう。

AI技術暴走の危惧 宗教界からの倫理提唱(2月28日付)3月1日

Chat GPTや画像生成などAIは私たちの日常生活にも存在感を高めている。最近は入力した言語からリアルな画像を生成できる機能が話題になった。今のところ、利便性の向上が注…

瞬発力ある災害支援 日常からの行いが奏効(2月23日付)2月28日

今なお多くの被災者が避難や悲惨な生活を余儀なくされている能登半島地震。現地に行くと、様々な宗教者たちの支援活動が活発だ。東日本大震災のように遺体安置所での弔い活動があまり…

過疎地置き去りの悲劇 東京一極集中の裏返しだ(2月21日付)2月22日

普段は気付かない理不尽な世のありようが災害時に可視化されるという経験則が、能登半島地震でも顕著に表れた。被害の深刻さが判明するのに日数を要し、従って被災者救援の初動も遅れ…

執務方針演説を行う池田総長

本願寺派新しい「領解文」 唱和推進、事実上撤回 「宗門の混乱長引く」と総長 拝読・唱和は寺院ごとの判断へ 定期宗会演説で言及

ニュース3月1日
園城議長㊨に署名を手渡した「考える会」の運営メンバーら

新しい「領解文」 唱和推進即時停止を 本願寺派有志、9106人の署名提出

ニュース3月1日

寮員・相馬勧学が辞表提出 「同意した責任を痛感」 本願寺派新しい「領解文」

ニュース2月29日
このエントリーをはてなブックマークに追加