PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

脳死臓器提供1千件 なおコンセンサス未確立(12月13日付)

2023年12月15日 11時04分

1997年10月に臓器移植法が施行されてから26年余。国内での移植は脳死でないと実施できない心臓や肺、肝臓で800件に達した。この数字を、「それだけの患者が救われた」と見るか、「それだけのいのちが判定によって死とされた」と受け止めるかは、宗教界そして宗教者にとっても重い問題である。

実は脳死からの臓器提供自体は既に千件を超えた。しかし臓器の状態の問題など主に医学的な事情から、うち9件は移植に至らなかった。この点は当初から続く課題であり、また脳死判定・臓器摘出ができる大学病院など「提供医療施設」約900カ所の中、半数が判定医師不在など「体制が整っていない」と日本臓器移植ネットワークの調査に答えている。

移植を実施する側の医療機関も心臓・肺では11カ所と限られ、加えて提供者の絶対的不足という事情から提供も移植実施も欧米などよりも非常に少ない。今も海外での手術が続き、中には違法斡旋で事件になるケースもある。

だがより根本的な問題は、法が移植に関して「人の死」とした脳死が本当にいのちの終わりと言えるのか、国民のコンセンサスが未だ確定したわけではないことだ。現に2021年に内閣府が実施した世論調査では、脳死になった場合などの臓器提供の意思表示をしているのはわずか10%だった。

1999年の1例目の脳死臓器移植の取材に携わった際、当初は「愛の贈り物」「命のバトン」とレシピエント(患者)側の視点に立って讃える姿勢が目立ったのが、脳死判定に問題はないのか、ドナー(提供者)側の悲しみは、という観点から美談仕立て一辺倒の報道にブレーキがかかった。しかし当時、いのちの専門家であるはずの宗教者のコメントはメディアにはほとんど求められなかった。

その後は宗教界を対象にしたアンケートも実施され、主な教団は知見に基づき教学も踏まえて見解を示すようになった。釈迦の「捨身飼虎」を引いて「臓器提供は菩薩行」とする姿勢の一方、「人体をパーツのようにやりとりするのは問題」「手足を失っても生きた人間であり続けるのに脳が駄目になったらそうではないのか」と脳死を死とすることを批判する意見も多い。移植に反対の意思表示のための「ノンドナーカード」を発行する教団もある。

宗教界で見解を統一することにはならないだろうが、いのちの専門家であるなら個々の宗教者も、例えば檀家や信者の家族がその事態に直面した際にしっかり問いに答えることが求められよう。

同性カップル「祝福」 宗教的対立はらむ生命倫理(6月7日付)6月12日

同性愛カップルに対する祝福の可否という問題を含むバチカン教理省の宣言「フィデューシア・サプリカンス」は発表以来半年たっても反響はなお静まらない。 カトリック内部にもジェン…

故郷への思いが力に 被災地に寄り添う支え(6月5日付)6月7日

故郷への思い、同郷人とのつながりが、災害時には大きな支えとなることが多い。困難な状況が長引く能登半島地震でも、例えば近畿一円に居住する石川県珠洲市出身者の「関西珠洲会」が…

性差への認識 曹洞宗の意識調査が示す現実(5月31日付)6月5日

曹洞宗宗務庁のSDGs推進委員会が宗議会議員や宗務庁役職員、青年会員ら宗門関係者を対象に実施したジェンダーに関する意識調査の結果、宗門内にジェンダーバイアス(性別・性差に…

行政の対応の在り方や他国との比較、宗教法人法や新法の解釈など幅広く議論するパネリスト

宗教法学会シンポ 法規制と信教の自由議論 行政対応や海外事例テーマに

ニュース6月13日
大谷派参議会 同朋会運動・能登復興問う 改選初の招集 代表・一般質問 議長には加藤氏選出

大谷派参議会 同朋会運動・能登復興問う 改選初の招集 代表・一般質問 議長には加藤氏選出

ニュース6月13日
真言宗寺院の管長晋山式で挨拶する門川氏(市長在任中)

教師志し金光教学院へ 前京都市長「悩める人救いたい」

ニュース6月13日
このエントリーをはてなブックマークに追加