PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

花まつり多彩に奉祝 若手僧侶ら新たな活動展開

2024年4月10日 13時13分
上:レトルトカレーを紹介する吉田氏㊧ら<br>下:長男と一緒に「ホトケーキ」を焼く筒井副住職 上:レトルトカレーを紹介する吉田氏㊧ら
下:長男と一緒に「ホトケーキ」を焼く筒井副住職

釈尊の生誕を祝う4月8日、全国各地で「花まつり」の行事が行われた。近年、SNSをにぎわしているのが、カレーとホットケーキの投稿だ。花まつりを盛り上げようと、若手僧侶を中心に新しい活動が広がりつつある。

「分かち合う日に」 仏教カレー協

釈尊ゆかりのインドの料理・カレーを花まつりで食べようと呼び掛けるのは、一般社団法人「仏教カレー協会」。代表理事の倉島隆行・曹洞宗四天王寺(津市)住職は「チキンを食べてプレゼントをもらうのがクリスマスだが、花まつりはカレーを食べ、相手に与える日、分かち合う日にしたい。子どもも含め誰もが参加したいと思うような形にしていければ」と語る。

4月8日はホトケの日 “ホトケーキ”満喫 函館の副住職

浄土宗湯川寺(北海道函館市)の筒井章順副住職は、釈尊の誕生を祝う花まつりの認知度を向上させるため「4月8日のホトケの日には、ホトケーキを焼いてお祝いしましょう」と、様々な手段で発信し続けている。

ホットケーキを「ホトケ(仏)ーキ」と読み替えたもので、SNSも大いに活用。賛同してくれる人に、花まつりに際して自作した「ホトケーキ」を撮影してハッシュタグ「#4月8日はホトケーキを食べよう」を付けて投稿するよう呼び掛けている。その結果「ホトケーキ」は同寺のある函館だけでなく、全国的な広がりと盛り上がりを見せるようになりつつある。(詳細は2024年4月10日号をご覧ください。中外日報購読申し込み

「ロシア世界」強く批判 モスクワ系非合法化促す OCU5月20日

ウクライナ正教会(OCU)は現地時間の11日、首都キーウのペチェールスク大修道院で主教評議会を開き、キリル・モスクワ総主教の「ロシア世界」「ロシアの平和」のイデオロギーを…

ウクライナ政府に質問状 モスクワ系教会非合法化、法案に懸念表明 米USCIRF5月20日

米国国際宗教の自由委員会(USCIRF)は先頃、駐米ウクライナ大使に公式書簡を送り、モスクワ総主教庁系ウクライナ正教会(UOCーMP)の禁止を目的とした法案について、宗教…

奉詠大会に全国各地64支部の講員が参加、声を一つに御詠歌を唱える

600人集い御詠歌唱え 川崎大師で奉詠大会5月20日

10年に1度の本尊・厄除弘法大師大開帳を奉修している真言宗智山派大本山川崎大師平間寺(川崎市川崎区)で10日、密厳流遍照講の全国奉詠大会が開かれた。全国各地から64支部6…

平和を力強く訴える 問われる宗教者の役割(5月15日付)

社説5月17日

消えゆく他者への共感 その先に見える世界は?(5月10日付)

社説5月15日

大きな変動の背景 国外の宗教問題への関心を(5月8日付)

社説5月10日
このエントリーをはてなブックマークに追加