PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

今こそお念仏を 開宗850年法要始まる 総本山知恩院 14日まで14座を奉修

2024年4月12日 14時34分
開白法要には僧俗500人余りが参列し法然上人への報恩謝徳の誠を捧げた 開白法要には僧俗500人余りが参列し法然上人への報恩謝徳の誠を捧げた

浄土宗総本山知恩院(京都市東山区)で9日から法然上人浄土宗開宗850年慶讃法要が始まった。14日の一宗法要(結願法要)まで御影堂と勢至堂で延べ14座の法要を奉修して法然上人への報恩謝徳の誠を捧げ、開宗の意義を改めて確かめる。

浄土宗は1175年、法然上人が善導大師の『観経疏』から「一心に専ら弥陀の名号を念じて行住坐臥に、時節の久近を問わず。念念に捨てざる者、これを正定の業と名づく。かの仏の願に順ずるが故に」(一心専念の文)の一文を見いだし、本願念仏の教えに目覚めて回心した事績を開宗の契機としている。(詳細は2024年4月12日号をご覧ください。中外日報購読申し込み

「ロシア世界」強く批判 モスクワ系非合法化促す OCU5月20日

ウクライナ正教会(OCU)は現地時間の11日、首都キーウのペチェールスク大修道院で主教評議会を開き、キリル・モスクワ総主教の「ロシア世界」「ロシアの平和」のイデオロギーを…

ウクライナ政府に質問状 モスクワ系教会非合法化、法案に懸念表明 米USCIRF5月20日

米国国際宗教の自由委員会(USCIRF)は先頃、駐米ウクライナ大使に公式書簡を送り、モスクワ総主教庁系ウクライナ正教会(UOCーMP)の禁止を目的とした法案について、宗教…

奉詠大会に全国各地64支部の講員が参加、声を一つに御詠歌を唱える

600人集い御詠歌唱え 川崎大師で奉詠大会5月20日

10年に1度の本尊・厄除弘法大師大開帳を奉修している真言宗智山派大本山川崎大師平間寺(川崎市川崎区)で10日、密厳流遍照講の全国奉詠大会が開かれた。全国各地から64支部6…

平和を力強く訴える 問われる宗教者の役割(5月15日付)

社説5月17日

消えゆく他者への共感 その先に見える世界は?(5月10日付)

社説5月15日

大きな変動の背景 国外の宗教問題への関心を(5月8日付)

社説5月10日
このエントリーをはてなブックマークに追加