PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

【特報】日蓮宗定期宗会 宗門再生へ道筋示す グランドデザイン 長期計画、年内発表へ 総長、基本理念は「奮起」/次期宗門運動 教線拡張の在り方、方向性を巡り議論/住職兼任 規程改定し兼務可能に 不活動寺院対策など課題も/宗祖750遠忌へ向けて 宗務院に専門部署 「報恩奉行会」新設 記念事業具体化を担う/シンクタンク 研究機関設置し思想の再構築を/メタバース活用 経典の世界観、仮想空間に現出

2024年4月22日 09時40分
宗門再生へ決意を語る田中恵紳宗務総長 宗門再生へ決意を語る田中恵紳宗務総長

日蓮宗の第122定期宗会が3月5~8日、東京都大田区の宗務院で開かれた。住職兼任を認める規程改正など長年議論されてきた懸案に解決が図られたほか、2031年の宗祖750遠忌に向け専門部署「報恩奉行会」の設置を可決し、新たな歩みの道筋がつけられた。田中恵紳宗務総長の施政方針に対し、与党明和会・野党同心会の会長が所属議員の意見を代表し様々な角度から質問や提言を行った。(詳細は2024年4月19日号をご覧ください。中外日報購読申し込み

「ロシア世界」強く批判 モスクワ系非合法化促す OCU5月20日

ウクライナ正教会(OCU)は現地時間の11日、首都キーウのペチェールスク大修道院で主教評議会を開き、キリル・モスクワ総主教の「ロシア世界」「ロシアの平和」のイデオロギーを…

ウクライナ政府に質問状 モスクワ系教会非合法化、法案に懸念表明 米USCIRF5月20日

米国国際宗教の自由委員会(USCIRF)は先頃、駐米ウクライナ大使に公式書簡を送り、モスクワ総主教庁系ウクライナ正教会(UOCーMP)の禁止を目的とした法案について、宗教…

奉詠大会に全国各地64支部の講員が参加、声を一つに御詠歌を唱える

600人集い御詠歌唱え 川崎大師で奉詠大会5月20日

10年に1度の本尊・厄除弘法大師大開帳を奉修している真言宗智山派大本山川崎大師平間寺(川崎市川崎区)で10日、密厳流遍照講の全国奉詠大会が開かれた。全国各地から64支部6…

平和を力強く訴える 問われる宗教者の役割(5月15日付)

社説5月17日

消えゆく他者への共感 その先に見える世界は?(5月10日付)

社説5月15日

大きな変動の背景 国外の宗教問題への関心を(5月8日付)

社説5月10日
このエントリーをはてなブックマークに追加