PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

いのちの電話⑧ 任せることの大事さ再認識

三段壁の観光施設前には自死者の供養塔もある 三段壁の観光施設前には自死者の供養塔もある

いのちの電話で藤藪庸一牧師に助けられ、教会で生活する中でキリスト教に興味を持ち、信徒になる人もしばしばいる。しかし、受洗して自立してからも突然の不安や病気で結果的に自死を選んだケースもある。牧師は「もっとこうしてあげればよかった、もっと話をして地元に戻さずここで見てあげればよかった」と後悔することも多い。しかし「命を与えられるのも取られるのも、全てを神様に委ねることが大事です」と語る。

それは、死を決意して亡くなる、あるいは何かのきっかけで思いとどまる、また実際に三段壁から投身しても助かるケースもあり、「それはもう最期の瞬間までその人のそばにいる神の御心だからです。『誰一人として見捨てられない』と聖書は教えています」。

では、保護した人が自死したら、それは「失敗」なのか。自死念慮者の相談を電話や手紙で受けている僧侶たちが、最終的にその人が死を選んでもその思いを尊重して寄り添うということへの考えを尋ねてみた。

「思いは受け止めますが、僕はやはり最後まで『死なないで』と止めます」。じっくり考えて牧師はそう答えた。キリスト者として「神に与えられた命を拒絶することを選んではならない」と、自死を「罪」だと考え、説きもする。「生まれるのが自分の意思でないのと同様、死も神の御心なのです」。だが最期まで神が関わってくれた末に亡くなったことの重みはかみしめ、実際に自死した人を「罪」だとは言わない。「神の御心は全部は想像できない。できたら神じゃありません」

一方で藤藪牧師は、自死者の遺族の苦悩を痛いほど知る。心に穴が開いたような喪失感、そして「止められなかった私のせいではないか」という自責の念にずっと苦しむ姿を何度も見てきた。自死念慮者は「自分が死んでも誰も見向きもしない」と言うが、誰もがいろんな人との関わりで生きている以上そんなことはないと断言する。

拒否する教会もある中で藤藪牧師が自死者の葬儀をきちんとするのは「この地上の生涯を終えてその人の魂を神に委ねる。残された人々には故人が天国で幸せになっているとお知らせし、再会を願うためです」。そして「神は誰も見捨てないからです」と付け加えた。

そういう牧師も「自分は弱い人間だ」と思い知ることがよくある。教会、NPOの業務に加え、子供教室もしており、地域との交流も。「まちなかキッチン」の運営も大変で休みはほとんどない。店で調理の点検をしている時にも、スマートフォンが鳴る。自立した人が家賃を滞納しているとの大家からの苦情だった。牧師が忙しいのは当たり前だと言い、「人も時間もエネルギーも限りがあるのに、それがそろわなくても新たな仕事に邁進してきた」。全て抱え込む性格で、キッチンでも盛り付けや注文取りまでした。

だが教会の仕事も山積、「自分が手放すと失敗だとされる」と恐れて日々のやりくりだけに追われる中で、全体が見えなくなって限界が来た。「全部任せてほしい」。そう仲間に言われて、できないという事実を素直に認め、それを任せることの大事さを再認識する。自分の側が助けを求めることができた。「休んだ後で、自分にしかできないことをしなさい」とも諭され、人に教えを説くという教会の仕事に重点を置く余裕ができた。「私は弱点だらけ。でもこんな私も神に愛されているのです。そして誰もが」

(北村敏泰)

紫住職は寺にいても門徒から「先生」と呼ばれる

遊んで、先生④ 誰もが気安く集まれる場所に

9月18日

「ともだち診療所」の紫英人院長は、診療所が隣接する真宗大谷派円立寺の次男に生まれた。寺は長男である兄が継ぐ予定だったので「自分は坊さんになる義務さえなかった」。しかしそれ…

ともだち診療所には箱庭のいろんな材料が並ぶ

遊んで、先生③ 「全員が同じ道」考え直すべき

9月12日

「ともだち診療所」には様々なおもちゃが置いてあり、箱庭療法の材料の木や車、人形なども並んでいる。ところが一人の中学2年の女子生徒は別の行動を見せた。その生徒はある日、急に…

楽しいペンションを思わせるともだち診療所の建物

遊んで、先生② 気持ちを「好き」に向けること

9月11日

不登校の子どもと「まず遊ぶ」ために「ともだち診療所」の紫英人院長はその子と何が好きかを話題にする。ある時、高校2年の男子生徒が父親に連れられて診療所に来た。「眠れず、朝起…

AI技術暴走の危惧 宗教界からの倫理提唱(2月28日付)

社説3月1日

瞬発力ある災害支援 日常からの行いが奏効(2月23日付)

社説2月28日

過疎地置き去りの悲劇 東京一極集中の裏返しだ(2月21日付)

社説2月22日
このエントリーをはてなブックマークに追加