PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
第16回涙骨賞〈選考委員選評〉
PR
第17回「涙骨賞」を募集

不登校から④ 大事な「自分を肯定すること」

居場所の集いで子供らと遊ぶ雄介さん 居場所の集いで子供らと遊ぶ雄介さん

ジェリービーンズの3人が不登校の体験を話すようになったのは、バンド活動を始めてから4年後、20歳になった年からだった。人前に出ることさえ嫌だったのが、演奏を聴いた人に喜ばれるのがやりがいになり、メジャーデビューも夢見るようになる。だがつらい過去を知る人のいない場所で再出発したいと一緒に上京、数多くのライブを重ねて人気者になった。

すると舞台スピーチを求められるようになり、山崎雄介さんがある日、学校に行けず自死未遂までした苦しさを聴衆にとつとつと話した。「過去に向き合って打ち明けることで『人生はやり直せる』と元気な姿を見せようと考え直しました」。それは、かつての自分のようにいじめや不登校に苦しむ青少年が増えていることへ何かをしたいとの思いだった。

3人は実は互いに不登校の理由などを話したことがなかった。しかし山崎史朗さんは「話すことで誰かの役に立つのを知って人生観が変わりました」と言う。「以前は“恥ずかしい過去”と思っていたのが、そうじゃない。その時なりにしっかり生きてきたんだし、人生に無駄なことはないんだと心から思えます」ということだ。

八田典之さんは「僕らは不登校を“乗り越えた”わけではない。今も人前で何かすれば緊張は変わらないけど、何でも慣れ、受け止められることが大事です」とほほ笑む。彼らのメッセージは、大事なのは自分を肯定できること、今は自分の状態が嫌でも、いつか必ず「あれで良かった」と思える時が来るのを信じることだというところにある。

「『僕らも頑張ったのだから、君たちも』ではありません。学校に行くことだけではなく、いろんな選択肢があることが重要です」と史朗さん。「行かねば」が大前提になると、行けない子供は罪悪感に苦しみ、親も「学校に戻ること」だけが解決になってしまう。でもいろんな道があることはすぐに分かる。決め手は「じっくり休むこと。安心できる状態でゆっくり考えること」だと経験から訴える。

同じ不登校の音楽仲間は25歳になってから税理士になりたくてゼロから勉強し、大学を経て願いをかなえた。中学3年まで不登校だったメンバーはそれぞれ社会に出て様々な知識を身に付けた。通信制高校に入り直し29歳で卒業した八田さんは現在、大津市教育委員も務め、「不登校になるとそれ自体が目前の問題になり、その原因に対処すべきなのがすり替わってしまう」と子供のいろんな悩みへの対応について行政に提言を続ける。

3人で不登校児と親の居場所づくりの活動もする。滋賀県米原市での集いには小学生十数人と母親が参加した。雄介さんが子供らと遊ぶ間に母親たちは「夫は理解がなく、お前の育て方が悪いと言う」「学校に行かないと将来困るのではと思うが、子供を苦しませたくない」と互いの気持ちを語り合った。小学5年女児の母親(44)が「嫌がって泣きわめく娘の手を引いて無理やり連れて行ってたのが地獄でした。親の会で、子供の気持ちをそのまま受け入れる方がいいと考えが変わりました」と話す。

小学2年の長男が不登校の母親(40)は「無理に皆と同じように学校に行かなくてもいいと思えた。社会に出たら自分で決められ、他人と違うことの方が大事になるのですから」と応じる。子供らとゲームなどをする雄介さんがうなずく。

こうして「自分を肯定すること」の重みを伝える3人には、教会の牧師に思いを受け止められたという共通の体験があった。

(北村敏泰)

紫住職は寺にいても門徒から「先生」と呼ばれる

遊んで、先生④ 誰もが気安く集まれる場所に

9月18日

「ともだち診療所」の紫英人院長は、診療所が隣接する真宗大谷派円立寺の次男に生まれた。寺は長男である兄が継ぐ予定だったので「自分は坊さんになる義務さえなかった」。しかしそれ…

ともだち診療所には箱庭のいろんな材料が並ぶ

遊んで、先生③ 「全員が同じ道」考え直すべき

9月12日

「ともだち診療所」には様々なおもちゃが置いてあり、箱庭療法の材料の木や車、人形なども並んでいる。ところが一人の中学2年の女子生徒は別の行動を見せた。その生徒はある日、急に…

楽しいペンションを思わせるともだち診療所の建物

遊んで、先生② 気持ちを「好き」に向けること

9月11日

不登校の子どもと「まず遊ぶ」ために「ともだち診療所」の紫英人院長はその子と何が好きかを話題にする。ある時、高校2年の男子生徒が父親に連れられて診療所に来た。「眠れず、朝起…

「9月ジャーナリズム」 深く歴史から学ぶこと

社説9月18日

修行の聖域 伝統的形態を護るためには

社説9月16日

長い目で復興を 東日本大震災から9年半

社説9月11日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加