PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

次の50年へ平和を願う

天台宗ハワイ別院 田中祥順住職(69)

ひと2023年12月8日 11時31分
次の50年へ平和を願う

開創50周年を迎えた天台宗ハワイ別院の第3代住職として11月に晋山した。2019年に荒了寛・初代住職と了周・第2代住職が死去するまで同別院は、日米文化交流などに取り組んできた。1年ほど別院が無住になった時期もあるが、天台宗海外伝道事業団からの打診を受けて、ハワイへの渡航を決意した。

大正大大学院で天台学を専攻し、修士課程を修了。自坊・光巌寺に入り保育園長を務めたほか、06年から宗議会議員、13年から17年まで天台宗の財務部長を歴任した。荒夫妻が19年に続けて亡くなった後、新型コロナウイルスの影響で思うように渡航できなかったが、21年に別院の特命代務者となりハワイに移住。今年9月、住職に就任した。

日系移民は1868年以降にハワイへ渡った。檀信徒は日系人だが数は多くなく、減ってきている。「太平洋戦争時、日系3世の人たちは収容所に入れられ、日本語を話すことを禁じられた。キリスト教に改宗した人も多い」と危機感を抱く。

法話は日本語と英語の両方を用意し、正月の初護摩、お彼岸供養、お盆供養、毎月18日の観音講に力を入れている。「これからは英語で布教していく活動が必要だ」と指摘し、ニューヨーク別院とも連携しながら、米国人などへのアプローチも強めていく構え。

「宗祖伝教大師の『一隅を照らす』『忘己利他』の教えが大切。己のことは後回しにする気持ちでいれば、人間同士がいがみ合うことはなくなり、戦争のない平和な世界になる」と強調し、荒氏の思いを継いで日米の平和教育にも力を入れていく覚悟だ。

(須藤久貴)

法流守るために革新を

真言宗醍醐派総本山醍醐寺 壁瀬宥雅座主

2月16日

昨年12月8日に醍醐寺(京都市伏見区)の座主に就任した。今年11月の開創1150年慶讃法要に向けて「派手な記念事業があるわけではないが、法要の中身にはこだわりたい」と意気…

伝統継承、覚悟決め

天王寺楽所雅亮会 小野真龍理事長

1月24日

天王寺楽所雅亮会は和宗総本山四天王寺の「聖霊会」における奏楽・奉舞を担ってきた。1月からは新たに一般社団法人雅亮会となり、その理事長として雅楽の伝統を守り継ぐ。 小野妹子…

人材育成の重要性訴え

あじま左官工芸 阿嶋一浩代表取締役

11月10日

社寺建築、文化財建築の左官工事を手掛けるあじま左官工芸(東京都葛飾区)は1921(大正10)年頃の創業で100年を数える。神社仏閣に特化した分野を切り開いてきた阿嶋一浩・…

過疎地置き去りの悲劇 東京一極集中の裏返しだ(2月21日付)

社説2月22日

災害時に即応する体制 教団のネットワークを活用(2月16日付)

社説2月20日

データ保存の問題 消されたオウム関連資料(2月9日付)

社説2月16日
このエントリーをはてなブックマークに追加