PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

自死遺族の苦悩⑤ 僧侶の読経、合掌で心に安らぎ

母親は仏壇の息子に毎日話し掛ける 母親は仏壇の息子に毎日話し掛ける

自死遺族の集まりで、主催する僧侶や宗教者の役割は重い。関西での自死者追悼法要で、導師の「仏様の前では全てのいのちが平等です」という表白に、それまで硬く押し黙っていた遺族らからおえつの声が漏れた。自死者数の何倍もの遺族には後追い自死の恐れも指摘され、各地で様々な集いやケアの催しが開かれる。だが前川裕美子さんは8年前に娘が自死した後に夫婦で行政の遺族相談窓口に行った際、逆にしんどくなったという。「心理カウンセラーに『はい、どうぞお話しください』と軽い調子で言われて……」

裕美子さんは、インターネットで調べた僧侶主催の遺族会に赴く。「自死の勉強をされたお坊さんは必要以上にしゃべらないけど、よく話を聞いてくれました」。ずっと泣いている僧侶、小声で念仏を唱える僧侶もいた。「私や娘のために心から唱えてくださるという安心感がありました」。自死の後、娘があの世で苦しんでいるのではと恐ろしくなり、悩みに気付いてやれなかった母を恨んでいるのではと娘が怖くもなったが、「私と亡くなったあの子をお坊さんがつないでくれているという感覚にほっとしました」。

娘のことを口にすると夫に「またその話か」と言われ、家族だけでは衝撃から立ち直れなかったという裕美子さんは、うつ病を患って自らも後追いを考えたが、そのような集いに救いを得た気がする。ほかの参加者から「あなたは決して悪くないよ」と支えられた。集まりでは逆に同じような境遇の人とぶつかり合うこともあるが、小グループの中に何人か僧侶がいることで、「中和されている」という。話に割って入るのではなく、進行役として寄り添う。「私が求めていた、すがれるもの。それがお坊さんにはたくさんある気がして」

裕美子さんの言うように遺族会では悩ましいこともある。亡くした肉親が親か子どもかの違いで意見が合わなかったり、“悲しみ比べ”になったりもする。三女が自死した藤山房江さんは「故人は地獄に?」などといろいろ質問する人にいら立って「残された者がどう思うかですよ」と言ってしまい、つらくなった。会で知り合って1年ほどの人が「元気になって良かったね」と声を掛けてくれたのに、心の中で「私って元気になったら駄目なの?」と食って掛かる自分がいた。

「私とは付き合いにくいでしょうね。私も気付かずに誰かを傷つけていると思う」。だが、やはり同じ立場の遺族とは安心して苦しみを話し合うことができ、その人たちが娘に一番近しい所にいるとも感じられる。

長男を亡くした森田敦子さんも、先に家族を失った人の話を聞いて、「そうなんだ。うちの子も向こうで皆と仲良くして、笑っているはず」と思えるようになった。

その場で共に悲しみ、読経や合掌をする僧侶の姿に心が安らいだ。それまで、ぶつける相手のいない苦しみにもがき続けてきたが、あの世に一番近い僧侶たちの取り組みのおかげで、少しずつ前を向いて生きていけるようになったと考えている。しばらく休んでいた集いに数年ぶりに行くと、同じ僧侶が変わらぬ様子で迎えてくれた。その僧侶は父親の老僧を病気で見送ったばかりだった。自らの気持ちも打ち明け、久しぶりの話をじっくり聞きながら念仏を唱え続ける僧侶が、敦子さんには亡き長男に静かに話し掛けてくれているように聞こえた。

(北村敏泰)

紫住職は寺にいても門徒から「先生」と呼ばれる

遊んで、先生④ 誰もが気安く集まれる場所に

9月18日

「ともだち診療所」の紫英人院長は、診療所が隣接する真宗大谷派円立寺の次男に生まれた。寺は長男である兄が継ぐ予定だったので「自分は坊さんになる義務さえなかった」。しかしそれ…

ともだち診療所には箱庭のいろんな材料が並ぶ

遊んで、先生③ 「全員が同じ道」考え直すべき

9月12日

「ともだち診療所」には様々なおもちゃが置いてあり、箱庭療法の材料の木や車、人形なども並んでいる。ところが一人の中学2年の女子生徒は別の行動を見せた。その生徒はある日、急に…

楽しいペンションを思わせるともだち診療所の建物

遊んで、先生② 気持ちを「好き」に向けること

9月11日

不登校の子どもと「まず遊ぶ」ために「ともだち診療所」の紫英人院長はその子と何が好きかを話題にする。ある時、高校2年の男子生徒が父親に連れられて診療所に来た。「眠れず、朝起…

過疎地置き去りの悲劇 東京一極集中の裏返しだ(2月21日付)

社説2月22日

災害時に即応する体制 教団のネットワークを活用(2月16日付)

社説2月20日

データ保存の問題 消されたオウム関連資料(2月9日付)

社説2月16日
このエントリーをはてなブックマークに追加