PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

子ども食堂を支援する社会活動家 湯浅誠さん(54)

ほっとインタビュー2024年1月25日 10時15分
子ども食堂を支援する社会活動家 湯浅誠さん ゆあさ・まことさん=1969年、東京都生まれ。90年代からホームレスや生活困窮者の支援に従事。内閣府参与などを歴任し、現在は全国こども食堂支援センター・むすびえ理事長を務める。著書『反貧困―「すべり台社会」からの脱出』は第8回大佛次郎論壇賞を受賞した。

全国こども食堂支援センター・むすびえを2018年に設立し、子ども食堂の普及に努める。子どもが主な対象の無料もしくは低額の食堂だが、様々な人が集まる地域コミュニティーの土壌にもなる子ども食堂を全国に広げる上で、地域に根差してきた寺院という場の可能性に期待を抱く。

甲田貴之

「むすびえ」とはどのような団体ですか。

湯浅 子ども食堂という活動がまだ新しい現象なので、その普及の後押しをしています。それぞれの子ども食堂と上下関係はなく、勝手に応援しているという団体です。子ども食堂の多くが助け合いで運営されていますが、それではカバーできない資金や物資の援助を行っています。一昨年は資金で5億円、物資で5億円相当を現場に送りました。

子ども食堂を開いている寺社を見ることが増えました。

湯浅 2年前の調査では、約5千カ所の子ども食堂のうち、3・2%が宗教法人の運営というデータが出ています。会場として協力しているケースもあるので、実態はもう少し多いでしょう。

お寺には畳の部屋があるなど、子どもたちも大きな家に遊びに来たという感覚でなじみやすい。また地域の人たちの認知や理解を得やすいという強みを持っています。もともとお寺はそういう場でしたから、皆さん自然と受け入れてくれる。

子ども食堂に協力するお寺さんは冗談交じりに「地域の方にお寺の名前を覚えてもらえるようになった」と話してくれました。

子ども食堂に携わるようになったきっかけは。

湯浅 1990年代からホームレス支援に携わってきました。貧困に陥った人の支援をする中で考えていたのは、どうやったら相談しやすくなるか、でした。様々な工夫をしてきましたが一つ一つには効果があっても全体として問題が解決されるわけではなかった。「なぜもっと早く来なかったんですか?」という場面に出くわすことは減らなかった。

子ども食堂と出合って学んだのは、問題を抱えていることを悟られず、誰もが「青信号の顔」をできることが、行きやすさにつながっているということでした。

貧困対策の文脈で語られることが多いですが、多くの子ども食堂は子どもだけでなく、様々な年代の人が経済状況も関係なく集まってきます。実態は「子供会」をイメージしてもらうとよいかもしれません。子ども食堂というのは地域コミュニティーの土壌づくりの活動なんです。それが結果的に貧困対策にもなっている。

自治会…

つづきは2024年1月17日号をご覧ください

世界各地の難民や子どもを支援する俳優 サヘル・ローズさん

世界各地の難民や子どもを支援する俳優 サヘル・ローズさん

5月21日

イラン・イラク戦争のさなか孤児となり、7歳まで孤児院で過ごした。養母に引き取られ8歳で来日。路上生活やいじめなど過酷な日々を過ごしたが、支えてくれる人々とも出会い、芸能活…

モノマネ通して仏教の魅力発信 みほとけさん

モノマネ通して仏教の魅力発信 みほとけさん

4月19日

広目天や阿修羅などの仏像になりきる「仏ものまね」や「ネタ」を武器に、テレビ番組や動画コンテンツ、SNSなどでマルチに活躍する。自身も「仏教を学ぶ側、仏像を拝む側」でありな…

「WEターン」を提唱する哲学者 出口康夫さん

「WEターン」を提唱する哲学者 出口康夫さん

3月22日

「できること」を基軸にした西洋哲学の人間観に対する新たな立場として「できなさ」に焦点を当てた「WEターン」を提唱する。私単独の行為はあり得ず、全ては「我々(WE)」の行為…

同性カップル「祝福」 宗教的対立はらむ生命倫理(6月7日付)

社説6月12日

故郷への思いが力に 被災地に寄り添う支え(6月5日付)

社説6月7日

性差への認識 曹洞宗の意識調査が示す現実(5月31日付)

社説6月5日
このエントリーをはてなブックマークに追加