PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

伝統継承、覚悟決め

天王寺楽所雅亮会 小野真龍理事長(58)

ひと2024年1月24日 09時37分
伝統継承、覚悟決め

天王寺楽所雅亮会は和宗総本山四天王寺の「聖霊会」における奏楽・奉舞を担ってきた。1月からは新たに一般社団法人雅亮会となり、その理事長として雅楽の伝統を守り継ぐ。

小野妹子の八男を開基とする浄土真宗本願寺派願泉寺(大阪市浪速区)に生まれた。曽祖父の小野樟蔭が四天王寺における聖徳太子の年忌法要・聖霊会で奏楽・奏舞される天王寺舞楽を伝承する団体「雅亮会」(現天王寺楽所雅亮会)を立ち上げて以来、祖父、父も雅亮会で雅楽の伝統を守ってきた。小学1年から中学1年まで聖霊会で童舞の舞人を務めた。

寺を継ぐことは雅楽を継ぐということでもある。雅亮会の歴史を鑑みれば辞めることはできない。覚悟を固め、大学の法学部を卒業後、宗教を学ぶために改めて大学に入るとともに、本格的に雅楽を始めた。

芸名は天王寺楽所雅亮会から変わらないが、一般社団法人という組織化によって、天王寺楽所の伝統を守るという目的がこれまで以上に明確になると言う。

「組織を維持するだけなら難しいことではないのかもしれない。しかし、高い演奏の質を保つことが歴史の中で独自性を認められた天王寺楽所の雅楽の伝統を本当に守ることになる」と語る。

昨年9月に雅楽協会の代表理事に就任した。宮内庁式部職楽部をはじめ、様々な伝統を持つ雅楽団体の関係者がまとまったこれまでにない団体で「このような形で雅楽のネットワークができるのは画期的なこと。連携しながら事業を着実に丁寧に進めていきたい」と話している。

(甲田貴之)

法流守るために革新を

真言宗醍醐派総本山醍醐寺 壁瀬宥雅座主

2月16日

昨年12月8日に醍醐寺(京都市伏見区)の座主に就任した。今年11月の開創1150年慶讃法要に向けて「派手な記念事業があるわけではないが、法要の中身にはこだわりたい」と意気…

次の50年へ平和を願う

天台宗ハワイ別院 田中祥順住職

12月8日

開創50周年を迎えた天台宗ハワイ別院の第3代住職として11月に晋山した。2019年に荒了寛・初代住職と了周・第2代住職が死去するまで同別院は、日米文化交流などに取り組んで…

人材育成の重要性訴え

あじま左官工芸 阿嶋一浩代表取締役

11月10日

社寺建築、文化財建築の左官工事を手掛けるあじま左官工芸(東京都葛飾区)は1921(大正10)年頃の創業で100年を数える。神社仏閣に特化した分野を切り開いてきた阿嶋一浩・…

過疎地置き去りの悲劇 東京一極集中の裏返しだ(2月21日付)

社説2月22日

災害時に即応する体制 教団のネットワークを活用(2月16日付)

社説2月20日

データ保存の問題 消されたオウム関連資料(2月9日付)

社説2月16日
このエントリーをはてなブックマークに追加