PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
第16回涙骨賞〈選考委員選評〉
PR
第17回「涙骨賞」を募集

人類史的な課題 コロナ禍で崩れるモラル6月10日

コロナの神義論 ウイルスと共存する英知6月5日

「弱さ」を見つめる 「孤立化」克服する宗教の力6月3日

新しい生活様式と宗教 IT時代の在り方の確立を5月29日

21世紀の宗教的課題 どの課題と取り組むか5月27日

問われる宗門の役割 「コロナ後」の法灯継承5月22日

デジタル化社会 再評価すべきアナログ力5月20日

コロナ禍と宗教界 最困窮者に支援の手を5月15日

市場原理はなじまぬ 「森」と人との共生社会5月13日

コロナとの闘い 不自由に耐える決意を5月8日

指導者に求めるもの 生命の尊重こそ根底に5月1日

新型コロナ禍で 宗教者は文明と人間論を4月28日

宗教界とテレワーク 対面式の意義の再確認4月24日

「自死・自殺に向き合う僧侶の会」の取り組みを説明する(右から)小川氏、宇野氏、宮坂氏

自死者追悼法要の意義語る 遺族連絡会分科会で

ニュース9月18日

雇用調整助成金、宗教団体から「助かった」の声

ニュース9月18日
菅野日彰管長を導師に奉行した龍口法難750年宗門法要

龍口法難750年で宗門法要 令和の立正安世界を 日蓮宗

ニュース9月17日
お知らせ